人材サービスを主力とする株式会社ウィルオブ・ワーク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長告野崇)のコールアンドオフィスデザイン事業部は、2020年1月24日(金)、しんじゅく若者サポートステーション※を利用している方々に向けて、「コミュニケーションセミナー」を開催いたしました。

しんじゅく若者サポートステーションhttps://syss.roukyou.gr.jp/index.html
個別面談を中心にセミナーや仕事体験等を通じて、一人ひとりに合わせた就職に関わる支援を行う厚生労働省委託の支援機関。対象は、学校を卒業・中退後あるいは離職後一定期間無業の状態にある、15歳から39歳までの方及びその保護者の方。

■セミナー内容
ゲームワークを通じて、コミュニケーションで重要な「話を聴くスキル」と「質問をするスキル」を学んでいただくセミナーを実施しました。20~30代の男女14名が参加し、参加者はそれぞれが初対面であることや、セミナーに初めて参加する方など、参加者全員の緊張と不安を感じながらスタートしましたが、お互いのことを知っていくうちに少しずつ参加者の方々には笑顔が生まれ、時間を過ぎてもペアの方とのお話が止まらない場面もありました。
セミナー終了時には、最初とは全く違う顔の参加者を見ることができ、嬉しいお言葉もたくさんいただくことができました。

■本セミナーの背景
当社は、“仕事”というきっかけを通じて、人がポジティブに変わる瞬間に何度も出会ってきたため、誰よりも強く、人の可能性を信じています。私たちは、あらゆる人に、仕事や学びの場で、遊びや暮らしの様々なシーンで変化のきっかけを与えたいとビジョンにも掲げています。悩みや不安を抱えている若い世代にこのセミナーをきっかけに自信を持って一歩踏み出してほしい。そんな思いを込めて実施しました。

※講師:コールアンドオフィスデザイン事業部 営業推進部 小林弘明



しんじゅく若者サポートステーション所長奥村様
「参加者の振り返りを見ると、最初は緊張していたようですが、最後は笑顔で終えることができたようでとても嬉しく思います。しんじゅく若者サポートステーションに相談に来るときは、焦りや悩みを持っている状態の人が多いですから、きっとご本人たちの自信にもなったと思います。」

配信元企業:株式会社ウィルオブ・ワーク

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ