「ファミ通」や「ゲームの電撃」などゲームメディア事業を手掛けるKADOKAWA Game Linkageが、日本国内のeスポーツ市場動向を発表しました。2019年は市場規模が60億円を突破。今後も順調に拡大すると予測しています。

【その他の画像】

 eスポーツ元年と呼ばれた2018年から大手企業の参入が相次いだ背景もあり、2019年の市場規模は前年比127%の61.2億円となりました。同社は5G通信の開始以降、モバイル上での競技が活発になるとみており、2020年から2023年までの年間平均成長率は約26%と予測。2023年には市場規模が150億円を超えると見込んでいます。

 2019年時点では収益の大半がチーム・大会へのスポンサー料や広告費で、全体の75.7%。それ以外では「アイテム課金・賞金」と「放映権」が、それぞれ約9%と目立ちます。

 試合観戦や動画の視聴を経験したeスポーツファン数は、前年比126%の483万人に。大会数や、5Gによる視聴機会の増加に伴って拡大し、2023年には1200万人を超すと予測されています。

2023年までの成長予測も含めて発表。これから数年で倍増するとの予測