ガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル2020[冬]」が2月9日(日)、千葉・幕張メッセで開催されました。今回は一般ディーラーによる「ガールズ&パンツァー」(以下「ガルパン」)フィギュアを紹介します。

松阪屋模型店の浜田

BC自由学園メンバー、特にマリーや安藤、押田のフィギュアが多かった前回。それから新作もないので引き続き同じ傾向か……と思いきや、今回はメインキャラクター以外の脇役が増えていたのが面白いところ。浜田、久保田、細見といったキャラクターも見られました。

特に多かったのはエル。「最終章」で行われる無限軌道杯1回戦でサンダース大学付属高校相手に敗退する青師団高校のキャラクターですが、本編に登場するのは一瞬だけ。スピンオフでの活躍もあるとは言え、その愛されっぷりが「ガルパン」らしいところです。

もちろん西住みほ島田愛里寿といった定番キャラクターフィギュアも多数。それらも劇中の1シーンを切り取ったり、オリジナルシチュエーションで見せたりとさまざまな魅せ方でファンを楽しませていました。(WebNewtype・【取材・文・撮影:はるのおと】)

Off-Scouringの島田愛里寿