岡田結実主演の金曜ナイトドラマ「女子高生の無駄づかい」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)の第4話が、2月14日(金)に放送。公式HPで公開中の予告動画で、欅坂46・小林由依演じる小悪魔系百合ガール・染谷リリィが、“マジメ”こと一奏(浅川梨奈)にバックハグしている姿が話題となっている。

【写真を見る】欅坂46小林由依が浅川梨奈に…後ろからギュッ! 美女2人の超接近2SHOT(ほか、壁ドン!など)

本作はビーノ原作の同名コミックドラマ化し、岡田演じる主人公の「バカ」こと田中望と、「ヲタ」こと菊池茜(恒松祐里)、「ロボ」こと鷺宮しおり(中村ゆりか)ら、「さいのたま女子高等学校(さいじょ)」に通う女子高校生=JKたちが、“JK生活”を無駄に浪費する日常を描いた学園コメディー

2月14日(金)放送の第4話では――

■ 第4話あらすじ

理想の自分のため、モテるため、恋のため、女子高校生たちは今日も自分磨きに余念がない。

リップクリームという存在に一抹の疑問を抱いたバカ(岡田)は、ごま油を唇に塗り登校。香ばしい匂いを漂わせながら、エクソシストモノマネに興じていた。

転校して以来、その圧倒的なキラキラ感で生徒たちから羨望(せんぼう)の眼差しを受け続けているリリィ(小林)は、さいじナンバー1のモテ女子・マジメ(浅川)が気になっていた。

校舎裏で女子生徒から告白を受けるマジメの姿を目撃したリリィは、からかい半分でマジメにちょっかいを出そうとするも、突如壁ドンされる羽目となり…?

一方、ヲタ(恒松)は、敬愛する低所得Pの正体が、まさかワセダ(町田啓太)だとはつゆ知らず、ボカロ新曲の“歌ってみた”に挑戦。憧れの低所得Pに“想いよ届け!”ばりに熱く新曲を歌い上げるも、それを聞いたワセダは、1ヵ月前の出来事を振り返っていた。

そう、晴れた日の午後、コスパが良さそうな美容室で出会った、クセの強い美容師(小手伸也)のことを…。

そんなある日、小説家志望の1人の男子高校生・高橋(仮)(望月歩)は、バス停で思いをはせていた。

実はひそかにロボ(中村)に思いを寄せる彼は、バカ、ヲタと共に行動するロボの姿をひたすら眺めながら、さまざまな想像を膨らませ…というストーリーが描かれる。

■ ゆいぽんがなぁぽんに…?

予告動画では、バカ(岡田)がエクソシストモノマネに興じているシーンを目の当たりにした教頭(大倉)が驚く姿や、ヤマイ(福地桃子)がマジョ(井本彩花)に「いいから、さっさと正体を明かせ!」と詰め寄るシーンなどが描かれている。

中でも、7日放送の第3話で初登場し、「金髪ぽんちゃん好きすぎる!」「待ってた!」「ぽん演技うまいな」とファンから熱視線を浴びていた小林演じる美少女リリィの行動に注目が。

予告内に登場する浅川扮(ふん)するマジメに後ろから迫り「か~なで♪」とバックハグをするシーンには、「めちゃめちゃ可愛いやんけ」「本当に好き」「推しと推しが…」「とにかく尊い!」といった声が集まっている。

女子高生の無駄づかい」第4話は、2月14日(金)に放送される。(ザテレビジョン

浅川梨奈と欅坂・小林由依(写真左から)