吉野家2月14日、店頭の行列に並ばずに事前に注文した商品をテイクアウトできる「スマホオーダー」を、一部店舗を除く全国の吉野家1042店で導入した。Showcase Gigのモバイルオーダープラットフォーム「O:der(オーダー)」と吉野家POSシステムを連動して実現したサービスだ。

画像付きの記事はこちら



 注文方法は次の通り。来店前にスマートフォンスマホ)の吉野家公式ホームページの「店舗検索」から注文する店舗を検索する。店舗名や住所、電話番号の下にある「スマートフォン専用 テイクアウト注文へ」をタップすると、スマホオーダーの注文画面が表示される。なお、吉野家スマホ専用アプリへの実装は検討中とのことなので注意が必要だ。公式サイトからアプローチしよう。

 表示されたメニューには「つゆだく」や「つゆぬき」「ごはん少なめ」の指定や、追加ボタンサラダみそ汁、お新香、キムチなどのセットメニューが追加注文できる。

 最後に、「受取希望日時」と自分の携帯電話番号を入力して「注文確定」をタップするだけで完了だ。受取希望日時は、「今すぐ受け取る」「本日」「明日」の三つから選択できる。時間指定は、受取可能時間内で10分ごとに指定できる。「今すぐ受け取る」は、注文確定後にすぐに調理を開始するため、店舗の混み具合によっては時間が前後する場合があるという。

 こうして注文が確定すると、画面やSMS通知で伝票番号が表示される。店舗で伝票番号を提示して決済してから商品を受け取れば終了だ。

 なお、スマホオーダーは、吉野家の公式ホームページのほか、「Google マイビジネス」からも注文できる。あまり聞き慣れない言葉だが、Googleで店舗を検索すると、「営業中・営業終了」の下に「注文する」という表示がある。これをタップすると先述した注文受付画面が表示されるのだ。

 吉野家の公式ホームページGoogle検索の両方から注文できるのは便利だ。ランチ時の吉野家の混雑を避ける裏技として「スマホオーダー」を覚えておきたい。(BCN・細田 立圭志)

2月14日から「スマホオーダー」を開始した吉野家