ヒップホップ界のみならず、ロックシーンストリートカルチャーにも多大な影響を与え続けているWu-Tang Clan
結成25年以上を経て今なお人気を誇るレジェンドMC集団の”ザ・シェフ”ことRaekwonが、ニューヨークRed Bull Music Studiosで新作EP『Appetition』を制作。その模様を追ったドキュメンタリー映像がレッドブルYou TubeチャンネルRed Bull TVで公開中だ。

今回のレコーディングセッションにRaekwonと共に参加したのは、Red Bull Songsのクリエイターたち。ソングライターK-So JaynesP. WrightプロデューサーLord QuestTwhy Xclusiveの4人は、いずれもDrakeやJay-Z、Schoolboy Qをはじめとするビッグアーティストプロダクションを手がけてきた若手の先鋭だ。
日間にわたるセッションで完成した3曲はEP『Appetition』としてリリース。Raekwon にとっては2017年の『The Wild』以来の新作となる。

若手とのコラボレーションに関してRaekwonは
「あらゆるタイプの音楽に挑戦することが好きなんだ。だからみんなから俺は”ザ・シェフ”(=料理長)と呼ばれている。俺の感じた味付けを施して、旨味を引き出すわけさ」
コメント

約13分間に及ぶドキュメンタリーには、普段は関係者以外には観ることができない貴重な制作現場の様子が収録されており、なかでもハイライトはRaekwonが楽曲に相応しいビートを吟味し、セレクトするプロセス。20パターン以上のビートに耳を傾け、真剣勝負で挑むラッパーの姿からは、レジェンドMCならではの鋭い判断力や威厳が感じられるはずだ。

2020年は、このEPを幕開けにさまざまな活動を予定しているRaekwon。EPのタイトルに『Appetition』と付けた理由に関しては
「この先、もっとお楽しみが待ち受けているよ。本気でドープなやつを正式に提供する……だから、いわば本作はアペタイザーだね。レッドブルが俺に手を貸して、2020年の俺のムーヴメントの一部に協力してくれたんだ」
と説明している。

新作EP『Appetition』はドキュメンタリー映像のほか、収録曲「Solid Gold」のメイキングシーンで構成されたミュージックビデオも公開中。

レッドブルのオフィシャルサイトでは音楽評論家、丸屋九兵衛による解説も公開中。ドキュメンタリー映像とともにチェックしてほしい。