コロプラ2月13日ゲームアプリ「最果てのバベル」(iOSAndroid)のサービス4月30日午後3時に終了すると発表した。詳しい理由は明かしていない。同タイトルを巡っては昨夏、セールスランキングで上位に入るため、取引先に課金を依頼していたことが発覚し、批判を集めていた。

【その他の画像】

 19年6月のリリースから約8カ月でサービス終了に至った。同社は「応援して下さった皆さまのご期待に添えなかったことをおわびいたします」と謝罪し、「お楽しみいただいていた全てのユーザーの皆さまに心より御礼を申し上げます」とコメントしている。

 終了までの期間は、ユーザーに有料アイテム「精霊石」を計900個無償配布する企画を行うという。

 同タイトルでは昨夏、コロプラの役職者を含む社員2人(当時)が取引先に依頼し、850万円相当の有料アイテムを購入させていたことが判明。リリース当時、新作の不調が続いていたため、最果てのバベルヒットさせるために不適切な取引に踏み切ったという。

 セルラン操作の発覚後は、森先一哲COO取締役を辞任し、馬場功淳社長と長谷部取締役CSO減給処分が下るなど、経営陣の責任問題に発展した(肩書はいずれも当時)。

 最果てのバベルは終了するが、19年9月にリリースしたスマートフォンゲームドラゴンクエストウォーク」が大ヒットし、コロプラの19年10~12月期の連結業績は約27億円の最終黒字に転換している。

「最果てのバベル」公式サイト