歌手の槇原敬之容疑者が13日、覚醒剤取締法違反などの疑いで逮捕された。14日朝、身柄が拘留先の警視庁東京湾岸警察署から東京地検に移された。

 2018年、槇原容疑者が個人事務所の元社長と暮らしていたマンションの寝室から、覚醒剤の入った袋が見つかっていた。その際、元社長は「それはマッキーの」と話していたが、槇原容疑者は逮捕後「僕のではないです」と否定したという。警視庁は槙原容疑者が継続的に覚醒剤を使用していたとみて、捜査を進めている。

 槇原容疑者の逮捕から一夜、その影響が広がりつつある。日本テレビ系の情報番組『ヒルナンデス!』は、槇原容疑者が手掛けたテーマ曲「LUNCH TIME WARS」を14日放送分は使用せず、今後は検討。同じく日本テレビ系の音楽番組『バズリズム02』は、12日に収録した28日分は放送取りやめとしている。また、テレビ朝日系の紀行番組『じゅん散歩』は、テーマ曲「一歩一会」を14日放送分は差し替えた。

 ことし、デビュー30周年イヤーの槇原容疑者は、来月4日にセルフカバーアルバムが発売予定だ。また、秋から全国ツアーを予定しているが、白紙ではないかとも言われている。

 芸能人が逮捕される度に巻き起こる、“作品に罪はあるのか”の議論。ハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎氏は「作品に罪はないと思う。作品はアーティストのものであると同時に、ファンのものでもあると思う。それを勝手に奪ってはいけないのではないか。テレビ各局の過剰な対応で、保身のためとしか思えない。ファンの聞く機会、権利を勝手に取り上げるのはおかしい」との見方を示す。

 一方、フリーアナウンサー柴田阿弥は「(槇原容疑者の)曲を放送したことで怒っている人はいないと思う」とした上で、「テレビマスメディアで“ながら視聴”している人がいると思うと、安全策を取りたい気持ちもわかる。スポンサーは決して安くないお金を払っていて、ちょっとでもネガティブな色がつくのを嫌がるのは仕方がない。一方で作品に罪はなく、セルフカバーアルバムの配信停止はしなくていいのでは」と自身の考えを語った。

 さらに、槇原容疑者がかつてSMAPに提供した楽曲「世界に一つだけの花」が、音楽の教科書からなくなるのではないかという懸念の声がネットであがっている。これについて竹下氏は「ぜひ教科書に残してもらいたい。そして先生方には、覚醒剤の恐ろしさや危険性を同時に教えてあげてほしい。子どもたちも学ぶはずで、先生が覚醒剤について教えられる機会になると思う」と訴える。また、薬物を使用した人が立ち直ろうとしているなら、それを「受け入れる」社会になるべきだ、と付け加えた。

 一方の柴田は、「教科書も選べないという意味で“マス”だと考えると、クスリに興味を持ってしまう子どもがいるかもしれない。槇原容疑者だけでなく、一般的に覚醒剤や他の危険ドラッグなどで捕まった人の再犯率が高いことを考えると、0を1にさせないことが何より大事だと思っている。となると、親御さんとしては教科書に残しておくことは嫌だと思ってしまう人もいるかもしれない」と指摘した。
AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
 

映像:槇原容疑者、過去の取材で「自分らしさを…」

槇原容疑者逮捕で音楽の教科書を懸念する声 柴田阿弥「作品に罪はないが、0を1にさせないことが何より大事」