タレント武井壮さんが2月13日、元サッカー日本代表本田圭佑さんが1月に発足させ、東京都社会人サッカーリーグ4部に今春から参戦する「One Tokyo」の監督に就任することが分かりました。

【画像】本田さんとの2ショット

 本田さんは2月13日Twitterで初代監督が“百獣の王”こと武井さんに決定したことを発表。監督選定はオンラインサロンにおける選挙で行われ、立候補者には武井さんのほか、「2ちゃんねる」開設者の西村博之さんや本田さん自身の名も。ただし、本田さんは現役選手でもあり両立が難しいと考えてか辞退扱いとなっていました。

 監督就任について武井さんは、「サッカー経験者ではありませんが、さまざまな能力を持ったメンバー達のサポートを活かしてチームエネルギーと新たなビジョン、モチベーションを与えられる監督になりたいです!!」「選手を有名にする手助けは誰よりもできるはずだ」と抱負をツイート

 なお、武井さんは日本サッカー協会JFA)の指導者ライセンスを持ちませんが、東京都社会人サッカー連盟の規約には監督の資格は明記されておらず、決まり上は問題ないようです。陸上・十種競技の元日本チャンピオンでもある武井さんがどのような指導をするのか興味深いところです。

 サッカー未経験の武井さんが監督になることについてネットでは、「これは本当にわくわくする」「努力することに長けた方なので良いかなと思います」「合理主義者の武井壮がどれだけやれるか楽しみ」「なんだかんだで上手くやりそう」といった賛意の声の一方、「武井壮って監督できるん?」「大丈夫なの?責任職だよ? 監督って」「サッカーしらんのに~笑」といった疑問の声も多数見られました。

 そうした声に反応してか武井さんは、「未経験者のオレが監督できるのか? と不安があるだろうけど」とした上で、「戦術だけではなく、総合的に、芸能界でも活きたオレにしかできない仕事をする」とツイート。また、本田さんもツイートで「サッカーが好きな人にとっては大きな希望ですよね。これで成功したらJ1のクラブからオファー来たりして」と大きく夢を広げています。

「ぼくらはこれからゼロからサッカークラブを立ち上げる」(画像はOne Tokyo公式サイトから)