lion1


 2019年1月のある早朝、南アフリカクルーガー国立公園内にあるクラセリー自然保護区での出来事である。

 サファリガイドのフランソワ・ピーナールさんは観光客を車に乗せ、野生動物の姿を見るゲームドライブに案内していた。

 すると、睡眠中のライオンたちを発見。しばらく見ているとライオンたちは起き上がり、偶然そこにいたオスの高齢キリンのもとに殺到した。

 そして、おんぶしてー!背中に乗せて運んでー!とでもいうかのように我先にとキリンの背中に飛び乗ったのである。

 異種でもきまぐれに仲良くすることもある。一見やさしい世界風に見える光景だが、だがその真相は・・・

―あわせて読みたい―

バッファロー(水牛)がライオンに囲まれたゾウの子どもを助ける
天命を全うし、自然に帰っていく。年老いてやせこけた一頭のオスライオンが最期を迎える時
母性が動く時。母ヒヒを捕食したメスライオン、残された赤ちゃんヒヒを保護しオスライオンから守る(ボツワナ)
怖いもの知らずのラーテル。ライオンに果敢に立ち向かっているところを激写
一度は行きたい!のか?77匹のライオンに囲まれながら泊まれるレンタルハウス「ライオンの家」(南アフリカ)

朝ごはんにありつこうとキリンの背中に飛び乗る!


EPIC: Giraffe Gives Lions a Ride!

 しかし、そこは野生の世界。ライオンたちは決して無邪気にキリンおんぶして欲しかったわけではない。ライオンたちは朝ごはんを欲しており、捕獲しようとキリンを襲ったのだ。

 約20分の追跡後、狩りをスタートした6頭ほどのライオンたちはキリンなんとか押し倒そうと背後から襲いかかった。

 そのうち1頭が背中にピョーン!と飛び乗ったためまるでキリンおんぶしてもらっているかのようだが、実際のところはライオンキリンも相手をなんとかしようと必死の状況だ。

lion2


約5時間後にライオンから逃げおおせた高齢キリン


 ライオンに飛び乗られ、足にしがみつかれたキリンは逃れようとジリジリと移動。約5時間にわたる攻防戦の末、ついにライオンキリンを諦めることとなった。

 6頭ほどのライオンに囲まれたにも関わらず、高齢キリンはなんとが逃げおおせたのである。

 ピーナールさん一行はこれを車の中から眺めていたそうだよ。目撃しようと思ってできるものでもない、南アフリカならではの貴重な光景だね。

References:YouTubeなど / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52271263.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

待ってたよ~!郵便屋さんが撫でてくれるのを待つ犬のいい子なこと
まるで猫版学級給食のよう。バリ島の保護施設で2列に並んで一斉にご飯を食べる猫たち
カピバラ、撫でられてうっとり、くずおれる
犬と遊んでたらガラステーブルが!元気いっぱいのドーベルマンのファロンさん驚きの瞬間
ペンギンは人間と同じように話す。その鳴き方は人間と同じ言語法則だった(フランス・イタリア共同研究)

―動画の紹介記事―

まるで猫版学級給食のよう。バリ島の保護施設で2列に並んで一斉にご飯を食べる猫たち
カピバラ、撫でられてうっとり、くずおれる
犬と遊んでたらガラステーブルが!元気いっぱいのドーベルマンのファロンさん驚きの瞬間
そこには生態系が宿っていた!水槽の中を24か月観察したタイムラプス動画(ニンジン投入編)
なんという神々しさ!頭に永遠なる者の栄光の冠をつけた猫
キリンがライオンをおんぶしてる?その写真の真相は・・・(南アフリカ)