世の中には、さまざまな読書術があります。本を読むスタイルは多種多様ですが、一体どれが正しいのか心配になってしまいます。これまでも、技術論や方法論がたくさんありました。「本を○倍速く読む方法」「○○リーディング」など挙げたら切りがありません。

 たくさんありすぎて、どれを選べばいいのか分からないのです。今回は、筆者の近著「頭がいい人の読書術」(すばる舎)から、読書のあるべき方法について解説します。

本の読み方は汚くグシャグシャが基本

「大切な本は、きれいに読みたい」「カバーも外したくないしページも折りたくない!」という人がいます。筆者は本をきれいに読むことをまったく推奨しません。

 読んでいて気付きがあったら、ページにドンドン書き込んでいってください。書き込む方法ですが、きれいに要点を整理して書き込んではダメです。「漢字は一切使わない」「殴り書きにする」ことを徹底してください。

 色は赤と黒の2色で十分です。あらかじめ、黒は気になる箇所、赤は重要箇所と使い分けるのもいいですが、筆者のやり方は少々異なります。1回目の読書は黒、2回目の読書は赤にしています。色を変える手間が省けますので、スムーズに読書ができます。1回目、2回目の文字を比較すれば、自分の意識の遷移が確認できます。

 なぜ、漢字は使わずに殴り書きにすることが必要かというと、漢字を考えている時間が無駄だからです。さらに、漢字にコンプレックスを持っている人が多いこともあります。

 会社の会議でホワイトボードにメモする人を思い出してください。漢字が苦手な人は、難しい漢字を言われてもとっさに書くことができません。こんなときも、メモ係は平仮名片仮名で書くとスムーズです。丁寧できれいな字ではなく、殴り書きでとにかくスピーディーに書くことで効率がアップします。

 中には、PCを立ち上げてメモをしながら読むという人もいると思いますが、まったくおすすめできません。例えば、ページに線を引く場合、PCのノートWordでは、その作業が瞬時にできません。

 線を引くときには、自分の知性(知ったり、考えたり、判断したりする能力)が必要だと思うからこそ、その箇所に線を引こうとしているわけです。その知性の感覚を妨げてはいけません。ペンで書き込んでグシャグシャになった本は、あなたにとって学びのバイブルです。

本は汚く書き込みながら読むべし

 読書をしながら本に直接書き込むと、頭に残りやすくなります。読んでいる本に直接、「自分のコメント」を書き残してしまうのです。本を読んでいる最中にすぐに書き込むことで、あなたがそのときに感じたことやインスピレーション、考え、アイデアなどを残すことができます。記憶が新鮮なうちに書き込んでおけば、忘れることはありません。

 ここで大切なことは、清書して整理するのではなく、殴り書きで書き込むことです。本が汚くなるくらいにグシャグシャに書き込むことで愛着も湧いてきます。

 筆者の場合は、本の重要だと思うところにカラーマーカーを引いたり、感じたことや思いついたことを、そのまま本の該当ページに黒いボールペンで書き込んだりしています。本はきれいに読むものではなく、なるべく汚く読むものなのです。本をノート代わりに、どんどん書き込むことです。

 図書館から借りた本に書き込んではいけませんが、自分で買った本であれば、そのとき感じた感覚や感情はすぐに消えてしまうので、しっかりと記録しておくことをおすすめします。読みながら「手書き」で記録することで、「必要な情報」だけが蓄積されていきます。

 また、付箋(ポストイット類)は使わずに、気になる箇所や書き込んだ場所はページの隅を折って分かるようにしてください。付箋は目印として貼っておいても剥がれてしまうことがあります。剥がれてしまうと、気になった場所が分からなくなってしまいます。

 あなたが、心を豊かにする一冊に出会えることをお祈りしています。

コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所研究員 尾藤克之

さまざまな読書術があふれているが…