2020年2月14日(金) 彩の国さいたま芸術劇場大ホールにおいて、彩の国シェイクスピアシリーズ第35弾 『ヘンリー八世』の初日が開幕した。

1998年スタート以来、芸術監督蜷川幸雄のもとで、国内外に次々と話題作を発表してきたシェイクスピア全37戯曲の完全上演を目指す彩の国シェイクスピアシリーズ2017年12月シリーズ2代目芸術監督に就任した吉田鋼太郎が演出する3作目となるシリーズ第35弾は『ヘンリー八世』。華やかな英国王宮を舞台に王をめぐるスキャンダルと、 その裏に交錯する欲望と謀略、熾烈な地位争いが描かれる。

中央左)宮本裕子/中央)阿部 寛/中央右)吉田鋼太郎 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

中央左)宮本裕子/中央)阿部 寛/中央右)吉田鋼太郎 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

左)吉田鋼太郎/右)阿部 寛 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

左)吉田鋼太郎/右)阿部 寛 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

左)金子大地/中央)阿部 寛/右)山谷花純 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

左)金子大地/中央)阿部 寛/右)山谷花純 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

16世紀イギリスの史実をもとにした歴史劇だが、時代物としての体裁にはこだわらない吉田の演出にも注目だ。シェイクスピアに造詣の深い吉田ならではの手腕で、現代社会にも読み替えられる権力闘争、栄枯盛衰を今の観客へもリアルに届くよう創り上げた。

左)吉田鋼太郎/右)宮本裕子 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

左)吉田鋼太郎/右)宮本裕子 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

阿部 寛 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

阿部 寛 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

左)阿部 寛/右)吉田鋼太郎 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

左)阿部 寛/右)吉田鋼太郎 提供:ホリプロ 撮影:渡部孝弘

ヘンリー八世役には、本シリーズで『シンベリン』『ジュリアスシーザー』にも主演した阿部寛が登場。5年ぶりの舞台出演となる阿部が、絶対的存在感で「英国王室史上、最もスキャンダラスな王」を演じる。共演は吉田鋼太郎、舞台初挑戦となる金子大地のほか、宮本裕子山谷花純谷田歩河内大和など実力派キャストが集結した。

初日を迎え、演出・出演の吉田鋼太郎(彩の国シェイクスピアシリーズ芸術監督)と主演阿部寛コメントが到着した。

コメント

吉田鋼太郎 ― 演出・枢機卿ウルジー 役
ヘンリー八世』はみなさんに馴染みのない、シェイクスピアの最晩年の戯曲です。芝居の構造はしっかり作るとともに、蜷川幸雄さんから続く彩の国シェイクスピアシリーズにはエンターテイメントの要素を盛り込むことも重要。構造を作りながら、どうやって面白くみせるかという兼ね合いに時間をかけ、いつもより2割、3割増しに長い稽古時間をとりました。丹念に稽古した甲斐あって、主演の阿部寛さん然り、初舞台の金子大地君もしっかり理解して、自分の中に取り入れてくれました。僕の目指したものが役者さんたちにも伝わっていて、非常に面白い芝居になったと確信しています。シェイクスピアは言葉の芝居。お客様に言葉をきちんと伝えないと成立しない芝居ですが、役者たちは明晰に台詞を喋り、さらにそこに感情を乗せるということができた。目指していた理想的なシェイクスピア上演の形が出来たと思います。

阿部寛ヘンリー八世 役
これまでみんなで一所懸命に稽古をしてきて、ようやくお客さまの前で演じることができます。劇場に入ったお客さまの反応をはやく感じたい。全体像を共有できるのが楽しみです。

左)阿部 寛/右)吉田鋼太郎 提供:ホリプロ