【元記事をASCII.jpで読む】

 ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 8」は、Xperiaブランドを冠したスマートフォンながら、キャリアによっては3万円台から購入できるミドルクラスモデルであること、「Xperia 1」「Xperia 5」など同じ21:9の縦長比率の6型ディスプレーを搭載しているのが特徴だ。

 とはいえ性能面で見ると、Xperia 8はチップセットSnapdragon 630を採用し、メモリーが4GB、内蔵ストレージが64GBと、同じミドルクラスの「Xperia Ace」とほぼ変わらないし、そちらの方が販路が広く購入しやすかったりもする。そのような理由からXperia 8を選ぶ最大のポイントは、低価格でありながら最近のXperiaシリーズフラッグシップモデルにおける最大の特徴、アスペクト比21:9のディスプレーを使いたいかどうかという点だろう。

 そこでここでは、Xperia 8の21:9のディスプレーが本当に有効活用できるのか? という部分に重点を置いてレビューしたい。

やや慣れが必要な縦長比率
有効活用するには?

 まずはXperia 8の本体について確認する。サイズは約69×158×8.1mm(最厚部が約9.7mm)、重量が約170gと、サイズ感としてはXperia 5に近い。横幅が狭いのに加え、ベゼルにやや厚みがあることもあって狭額縁設計の大画面スマートフォンと比べるとディスプレーはやや小さい印象を受けるが、幅が70mmを切るため片手での持ちやすさは抜群だ。

 だが、ディスプレーが他の機種よりも一層縦長なので、片手操作ではやや不便なこともある。その1つがプルダウンシェードの呼び出しだが、Xperia 8のホーム画面では、ホーム画面上のどこかを上から下にスワイプするとプルダウンシェードが呼び出せるようになっているので、こうした操作を活用するのがいいだろう。

 最近のXperiaシリーズで採用されている「サイドセンス」も、側面に表示されたバーをダブルタップすれば利用できることから、Xperia 1/5と比べてかなり呼び出しやすくなっている。こちらから「マルチウィンドウ」や「片手モード」などの操作が利用できるので、片手操作の時には重宝する。

 もう1つ、他のスマートフォンに慣れている筆者が気になったのが、ニュースアプリSNSなどを使うと縦長のため一度に表示される情報量が多く、読むのに意外と時間がかかると感じたこと。これはあくまで個人的な感想であり慣れの問題ではあるのだが、その1つの解決策となったのが、マルチウィンドウを使ってYouTubeの動画などを上に再生しておくことだ。

 こうすれば、従来の16:9や18:9といった比率に近い感覚でニュースなどが読めるし、同時に動画も視聴できる。Xperia 8を扱っているY!mobileUQ mobileでも、最近では比較的大容量のプランが出てきているだけに、動画とSNSの「ながら見」をするには最適といえそうだ。

映画視聴には最適!
ゲームも思いのほか遊べる

 続いて、21:9のディスプレーが活きるコンテンツについて改めて評価していきたい。

 このディスプレ-をもっとも有効に生かせるのは、やはり動画視聴であろう。そこでプリインストールされている「Amazonプライムビデオ」などを使っていくつかの作品を視聴してみたのだが、映画は元々21:9比率(もしくはそれに近い比率)で作成されているものが多く、Xperia 8のディスプレーいっぱいに再生できるものが多いようだが、テレビに合わせて制作されているドラマアニメなどは16:9比率のものが多く、視聴すると左右の黒枠が目立ってしまう。

 またYouTubeなど投稿系・ライブ配信系の動画サービスは、そもそも21:9比率に対応したコンテンツが非常に少なく、ディスプレーを有効活用できない印象だ。そうしたことからXperia 8のディスプレーをフルに生かすなら、有料の映像配信サービスを利用するのがベストといえる。

 続いて、スマートフォンの人気コンテンツの1つであるゲームもいくつか試してみた。先にも触れた通り、Xperia 8のチップセットはミドルクラス向けのSnapdragon 630で、ハイエンドスマートフォンと比べると性能が高くない。それゆえ通常の操作は十分快適ではあるものの、高性能が求められるゲームにはそれほど適している訳ではないとされている。

 そこで「Call of Duty Mobile」「PUBG MOBILE」など、負荷が高いと思われるいくつかの3Dゲームプレーしてみたが、ゲームによっては稀に処理落ちが発生することがあるとはいえ、ほとんどのゲームは快適にプレーすることができた。もちろんそれは、ハード性能に合わせてゲーム側がグラフィックの処理を落としているが故なので、高精細な映像でのゲームプレーは期待できないが、それでも21:9で横の視野が大きく広がるので、対戦ゲームなどにおいてはメリットになるだろう。

 ただ残念なのは、Xpeira 1/5でプリインストールするなど積極的に連携している「フォートナイト」が非対応だったこと。ハード性能的にやむを得ない部分があったのかもしれないが、人気ゲームプレーできないのはやはり惜しい。

21:9比率の写真や動画も簡単撮影

 最後にカメラについても触れておきたい。Xperia 8は1200万画素の広角カメラと、800万画素で光学2倍相当の望遠カメラを搭載しており、Xperia 1/5と比べると性能は劣るものの、最近のミドルクラススマートフォンとしてはスタンダードな内容といえる。

 そしてXperia 1/5にはない大きなメリットとなるのが、21:9比率の写真や動画を、通常のカメラアプリから撮影できることだ。Xperia 1/5で21:9比率の動画を撮影するには専用の「Cinema Proアプリを使う必要があったが、Xperia 8にはCinema Proが搭載されていない代わりに、通常のカメラアプリで「4:3」「16:9」「1:1」だけでなく、「21:9」の比率を選んで撮影ができる。

 しかし、使っているカメラセンサーは同じなので、21:9で撮影する際は上下をカットする形となるようで、超広角撮影ができる訳ではない。また21:9比率のディスプレー自体が少ないことから、撮影した写真や映像を活用しづらいのも難点だ。とはいえ、Xperia 8の本体内で写真や動画を楽しむにはやはり21:9が一番しっくりくることから、ぜひ有効活用したいところだ。

【まとめ】低価格ながらコンテンツを楽しめる

 総じて見ると、21:9を採用したXperia 8は低価格ながらも、やはりコンテンツを楽しむことにとてもマッチしたスマートフォンであることに間違いないと感じる。特に定額の映像配信サービスとは非常に相性がよいと感じるので、映画をどこでも楽しみたい人なら必携のスマートフォンとなるのではないだろうか。

お手頃Xperia「Xperia 8」の21:9ディスプレーはどこまで有効活用できる?