「石器時代のカツ丼」と投稿された、丸い大根(?)からカツ丼が出てくる動画がTwitterで話題になっています。ドラえもんの世界観が現実に……!

【画像】中に入っているカツ丼

 一見すると、ただの丸々とした大きい大根ですが、それをパカッと割るように開くと……なんと中からおいしそうなカツ丼が登場! きれいに切ってくり抜かれた大根から現れる、ホカホカカツ丼の流れに、最高にテンションが上がります。

 このカツ丼は、原始時代の日本が舞台の「映画ドラえもん のび太の日本誕生」(または「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」)に出てくるひみつ道具「畑のレストラン」のシーンを再現したもの。大根のような野菜を割ると、スパゲッティーやカレーなどさまざまな料理が入っているという、みんなの憧れのひみつ道具です。そのため、わずか10秒ちょっとの動画ですが、憧れとワクワクが詰まった映像に「すごい!」「めっちゃおいしそう」と18万いいねを集める人気となっています。

 投稿したのは、マジックジャグリングなどを披露するパフォーマーの大道芸人ヒヨコさん。以前には、2つのルービックキューブをお手玉しながら色をそろえて完成させるという約1分の動画を公開して話題になりました。

画像提供:@hane_hiyoさん

お皿にのった大きい大根