朝のラッシュ時には、多くの路線が乗車率150~200%に跳ね上がる首都圏の鉄道各線。車内はおしくらまんじゅう状態で、つり革をつかめない位置だと足で踏ん張って、減速時やカーブではバランスを崩さないようにしなければなりません。

つり革
※画像はイメージです
 フットサルが趣味の鍬原康司さん(仮名・32歳)は就職4年目の冬、試合中に右足首を骨折。手術が必要となり、2週間入院したそうですが、特にキツいと感じたのは退院してから。1週間の自宅療養を経て仕事に復帰しましたが、「松葉づえでの通勤はとにかく辛かった」と言います。

松葉づえなのに誰も席を譲ってくれない

「自宅は郊外にあり、最寄り駅にはエスカレーターエレベーターもなかったので階段の上り下りだけでも時間がかかります。電車も朝だから混んでいて席は空いていません。

 淡い期待を抱いて優先席近くのドアから入るようにしていましたが、誰かが席を譲ってくれたのは松葉づえ通勤の約1か月の間で数えるほどです。優先席を見渡しても誰も私と目を合わせようとしませんでした(苦笑)」

 それどころか走行中の揺れでバランスを崩して、目の前の優先席に座るサラリーマン風の中年男性にもたれかかるように倒れてしまった際には、にらまれて舌打ちをされたとか。

「すぐに上体を起こして謝りましたが、あれには驚きましたし、それ以上に悲しくなりましたね。私が松葉づえを持っていたのも見えていたはずなのに。このときは別の方が席を譲ろうとしてくれたのですが、白髪の60代くらいの女性だったのでお礼だけ言い、さすがに遠慮しました。ほかの若い方なんか優先席に座っているのに知らんぷりだし、皮肉なものですよ」

 ちなみに自宅最寄り駅から職場までは電車1本では行けず、途中駅での乗り換えが必要。ターミナル駅なのでエスカレーターエレベーターはあったそうですが、駅構内での移動距離が長く、いつもは5分ほどで行けるところ、倍の10分以上はかかったといいます。

落とした松葉づえを拾ってくれたのは中国人

松葉杖

「骨折するまでは気がつかなかったけど、みんな歩くのが早いんですよ。こっちはどうしてもゆっくりになるから後ろから次々と追い抜かれ、その際に身体やかばんが私の松葉づえに当たって、落としてしまうこともありました。

 しかも、このときもみんな朝で急いでいるからか松葉づえには見向きもせず、拾ってくれたのはなんと日本に観光で来ていた中国人おじさん。よく『日本人は親切だ』なんて話を聞きますけど、アレは絶対にウソだって思いましたね」

 また、会社の最寄り駅は地下にあり、地上に出る階段にはエスカレーターがないため、ここでも苦労します。

「階段は幅が狭く、私がゆっくりしか上り下りできないから後ろが渋滞してしまうこともあって。それはすごく申し訳なく思いました」

 自宅からの所要通勤時間は約70分。ただし、松葉づえ通勤中は時間がかかってしまうため、余裕をもって普段の40~50分前には家を出るようにしていたそうです。

今では積極的に席を譲るように

「当時はひとり暮らしで車も持っていなかったから家から最寄り駅に行くのも時間がかかってしまって。それまでは仕事終わりに同僚と飲んだり、買い物や映画を観るなど結構寄り道をするほうだったのですが、このときだけは毎日真っすぐ家に帰りましたから。

 ギブスが取れ、松葉づえ通勤から解放されたときは本当にうれしかった。あんな経験はもう2度としたくないですね」

 ほかにもこの経験を教訓にして自身の意識も大きく変化。具体的に何が変わったのでしょうか?

「電車やバスの優先席には絶対座らないようになりました。それ以外の席は空いていたら座りますけど、お年寄りの方や妊婦さん、小さな子供を連れている方を見かけたら席を譲るようにしています。恥ずかしながら私も以前は知らんぷりをしていた側でしたが、自分が逆の立場になってはじめてそれではダメだとわかったんです」

 松葉づえでの通勤は本当に大変だったと思いますが、それを通じて学んだことも大きかったようです。

― 特集・私の“痛勤ラッシュ”レポート ―

TEXT/トシタカマサ イラストカツオ(@TAMATAMA_GOLDEN)>

【トシタカマサ】

ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中