2月16日(日)BSテレ東では、「よみがえれ!!あなたの青春フォークポップス!2」(夜7:00-9:48)を放送。

【写真を見る】“演歌の女王”八代亜紀が、フォークの名曲をしっとり歌い上げる

日本の音楽界の礎を築いたアーティストが集合し、時代を超えて愛されるフォークポップスの名曲を披露する他、今だから話せるエピソードを明かす。

15歳小林星蘭は、ベテラン歌手に囲まれながらも堂々と司会進行を務め、トークを盛り上げる。オフコースの元メンバーで人気絶頂の中グループを脱退した鈴木康博に、“再結成”のことを尋ねる一幕も。鈴木は「今までみんな気をつかって言ってこなかったなぁ」と返し、イルカも「これは星蘭ちゃんしか聞けないことだね」とほほ笑む。

また小林は、1970年大阪万博をきっかけに作られた「戦争を知らない子供たち」を杉田二郎と共に歌い上げる。小室等は「この歌を通して、みんなで戦争について考え続けることが大事」と話す。

そして、「翼の折れたエンジェル」(1985年)などのヒット曲で知られる中村あゆみは、デビューのきっかけとなった“ある事件”を話す。パワフルでハスキーな歌声の中村だが、自分の低い声にコンプレックスがあり「昔は無口だった」というエピソードも。

さらに、今年芸能生活50周年となる演歌の女王・八代亜紀がスペシャルゲストとして登場。かぐや姫の名曲「赤ちょうちん」をカバーし、しっとり歌い上げる。

“あなたの青春がよみがる”をテーマに送る、同番組ならではの貴重なステージの数々は必見。(ザテレビジョン

フォーク&ポップス名曲の数々を紹介