アントワーヌ・グリーズマン(左)とラウタロ・マルティネス 写真提供: Gettyimages

 インテルバルセロナに対し、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのトレードを提案できるという。15日、イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。

 今シーズン、すべての大会を通して16ゴールブレイクを果たしたL・マルティネス。同選手はバルセロナ移籍を望んでいると噂されており、バルセロナも同選手の獲得を目指していると報じられている。

 ただ、L・マルティネスには1億1100万ユーロ(約131億9000万円)の契約解除金が設定されており、フィナンシャル・フェア・プレー(FFP)の観点から、バルセロナが獲得するのは難しいという指摘も少なくない。しかし、グリーズマンを交渉の材料にすることでL・マルティネスの獲得を実現できるのではないかと『トゥット・スポルト』は指摘している。

 『トゥット・スポルト』はグリーズマン以外にも、アルトゥーロ・ビダル、フィリペ・コウチーニョ、カルレス・アレニャなどを交渉の材料にできると指摘。契約解除金を支払わなくても、L・マルティネスの獲得を実現する可能性があると報じている。

 昨夏、そして今冬の移籍市場でプレミアリーグから数多くの実力者たちを獲得したインテル。果たして、L・マルティネスと引き換えに、ラ・リーガからも実力を獲得することになるのだろうか。