写真提供:Gettyimages

 バルセロナの公式ツイッターがハッキングされたようだ。16日、クラブ公式ツイッターが投稿している。

 同クラブは公式ツイッターに「私たちのアカウントがハッキングされました。私たちと関係のない組織のメッセージが表示され、削除されましたセキュリティ監査を実施し、このような事件を回避し、メンバーファンに最高のサービスを保証します。この状況によりご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます」と投稿。再発防止に努めるとした。

 バルセロナスペイン語アカウントに加え、カタルーニャ語、英語、スペイン語フランス語アラビア語など9ヶ国の言語でツイッターアカウントを運営している。世界中のファンからフォローされているアカウントがハッキングという異例の事態となった。