レーシーさ満点のトムスLC500&ヴォクシー! スーパーGTで培ったレーシングテクノロジーを採用【大阪オートメッセ2020】

LC500の足まわりは平川亮選手が監修

 インテックス大阪にて、2020年2月14日〜16日まで開催された西日本最大級のカスタマイズカーイベント、大阪オートメッセ。そのCARトップブースには、2台のレーシーなカスタマイズカーが展示された。TOM’S(トムスパーツを装着したレクサスLC500トヨタ・ヴォクシーだ。

 ご存じスーパーGTGT500クラスでLCを走らせているトムス。展示されたLC500には、スーパーGTで培ったレーシングテクノロジーを落とし込んだパーツを装着している。もちろん保安基準に対応しており、公道走行可能なモデルだ。

 たとえばフロントスポイラーは、下面が奥までフラットな形状となっており、シッカリとダウンフォースを得られる形状。リヤも開口部を大きくとり、速度が上がるにつれて路面に吸い付くような走りがもたらされるなど、見た目のレーシーさはもちろん、実際に「効く」エアロとなっている。トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

 エンジン本体はノーマルながら、レスポンスを向上するスロットルコントローラー、リミッターカットなどを装着。車体下部には、サスペンションメンバーレース(前後)、ロアボディブレース(前後)が装備され、ボディ剛性も上がっている。トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

 気になる足まわりは、GTドライバーの平川亮選手が監修したもので、硬さはなく路面に吸い付くようなセッティングとなっており、街乗りからワインディング、サーキットまで楽しめる仕様だという。

 また、リヤを飾るマフラーカッターは、ノーマルよりもリヤに突き出た形状だが、これは見た目だけでなく、音を直接外に出すような効果があるという。トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

 ミニバンのヴォクシーだが、エアロの方向製は同じで、GTをイメージさせるレーシーな雰囲気を醸し出す。リヤはディフューザー形状となっていて、スポーツモデルではないミニバンながら、当然空力効果を考えたパーツとなっている。トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

 ヴォクシーにも、スロットルコントローラが取り付けられ、足まわりはコンフォート寄りのローダウンサスを装着。

 注目はインテリアシフトスイッチで、レバー式のシフトボタンに変更するシフトポジションスイッチが装備されている。トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

 エアロに関しては、ハイブリッドガソリンのZSグレードのみ装着可能だ。

トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

トムスのレクサスLC500とトヨタ・ヴォクシー

レーシーさ満点のトムスLC500&ヴォクシー! スーパーGTで培ったレーシングテクノロジーを採用【大阪オートメッセ2020】