[となりのテレ金ちゃんテレビ金沢]2020年2月4日放送の「主婦のホンネ」のコーナーで、「子どもに負けたと思うとき」というテーマをめぐる座談会をしていました。

皆さんは、どんなときに「子どもに負けた」と思いますか?


負けたと感じたのはいつ?

石川県のマーケティング会社・ウーマンスタイルが、る県在住の20~60歳代の女性100人に「いくつで負けたと思う?」と質問したとこと、実に半数近い42%が「小学生以下」と答えました。

かなり小さい段階で負けを実感しているようです。

「どんな時に負けた?」という質問に関しては、多い順に「注意された」「子どもの方がうまくできた」「身長が追いついた」「力が強くなった」「体格が立派になった」「ゲームの勝負」という結果でした。

なかには、子供には勝てないと割り切って、買い物時の計算を子供に任せる人もいました。

また、「子どもはけがの回復力が早い」「日焼けの跡が残らない」「肌がつやつや」などという子どもをうらやましく思っている意見もありました。

しかし、全会一致したのは、やはり「子どもが自分を超えてくれるのは嬉しい」ということ。

やはり、子どもたちの輝きには勝てませんね。

ライター:りえ160

悔しいけど嬉しい?