45年連れ添った夫を昨年12月に亡くした妻に、天国の夫からバレンタインの贈り物が届いた。自分の死が近づいていることを知った夫が、最期まで妻を思いアレンジしたのは大好きな黄色いバラの花束だった。『Fox News』などが伝えた。

アリゾナ州在住のデブラ・テニーさんは昨年12月、最愛の夫ランディさん(65)を悪性脳腫瘍の1つである神経膠腫(グリオーマ)で亡くした。1974年に結婚した2人の間には8人の子供がおり、ランディさんはバレンタインデーには必ずデブラさんに花束と詩をプレゼントしてきた。そしてランディが逝って約2か月経ったバレンタイン前日、デブラさんに思いがけないプレゼントが届いた。

自宅に届けられたのは数本の黄色いバラと1本の赤いバラの花束で、デブラさんへの思いを綴ったメッセージカードが添えられていた。デブラさんは花束を目にした時のことをこう語っている。

「黄色の花束を見て、すぐにそれがランディからだと分かったの。彼からのメッセージを読み始めたら、自分の感情をコントロールすることができなくなってしまって。ああ、これはランディからよ。ランディが贈ってくれたのよって胸がいっぱいになってしまったの。」

ランディさんからのメッセージには「バラは赤く、スミレは青い。私は天国から『君をずっと愛してるよ』と叫んでいるんだ。君の永遠の恋人(バレンタイン)より愛をこめて。R.T.」と書かれており、メッセージを読むデブラさんの様子は家族が動画に収めていた。

動画では、メッセージを読み終えたデブラさんが嗚咽し、そばにいた娘が涙声で「それはダッド(父さん)からよ。ダッドのアイデアなの。ダッドはママにバレンタインを1人で過ごして欲しくなかったのよ」と語りかけてハグをしている。

デブラさんはこの動画をFacebookに投稿しており、「今日、天国から特別な贈り物が届いたの。ランディは亡くなる前に、バレンタインの花束をアレンジしていたのよ。これ以上素敵なことってあるかしら。ランディがいなくてとても寂しいわ。彼は最高なの」と言葉を添えた。

この動画への反響は大きく、「スイートで切ない」「本当に愛し合っていたのね」「45年も一緒に連れ添った夫婦…。素敵だわ」「涙が止まらない」といったコメントとともに拡散した。

デブラさんは在りし日のランディさんについて、次のように明かしている。

「彼は毎年バレンタインデーが来ると、花束と一緒にキザな詩を添えて私に贈ってくれたの。彼の詩はいつも『バラは赤く、スミレは青い』で始まるのよ。彼は太陽のように輝く黄色い花が大好きだったわ。」

ランディが病に倒れたのは昨年の秋だったの。私たちは奇跡が起こるのを信じて祈りを捧げたけど、ランディさんは誕生パーティも、感謝祭も、クリスマスも祝うことができずに亡くなってしまったわ。最期はとてもつらかったはずなのに、フローリストの友達にメールを送っていたのよ。バレンタインに黄色のバラの花束を届けてくれるようにってね。」

ランディ愛してるわ。」

画像は『Deb Taylor Tenney 2020年2月13日FacebookToday I got a special delivery straight from heaven.」』『UNILAD 2020年2月15日付「Husband Who Lost Cancer Battle Sends Wife One Final Valentine’s Gift」(Deb Taylor Tenney/Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト