UEFAから厳しい処分を科されたマンチェスター・シティはCASに控訴する構えを見せている。

ただ、プレミアリーグの勝点を遡及的に剥奪される可能性があり、そうなった場合には2014年の優勝が消滅するとも。

そうしたなか、ジョゼ・モウリーニョ監督がこの件について触れた。『BBC』によれば、ジョークも交えてこう述べていたそう。

ジョゼ・モウリーニョトッテナム監督)

「彼らが処分されるのか否かは、最後の段階で確認することになる。

UEFAは彼らを処分したが、彼らには控訴する機会がある。

控訴が終わるまではマンチェスター・シティ推定無罪だ」

「私はUEFAFIFAが分析しなければいけないものを分析するために1分も費やしてはいない。

もしそうしたら、2018年に2位だったチームチャンピオンに繰り上がるのかを尋ねなければならない。YesかNoか。

おもしろいだろう。だが、冗談はさておき、私は落ち着いて待つよ」

シティが勝点100の大台到達で優勝した2017-18シーズン、当時モウリーニョが率いていたマンチェスター・ユナイテッドは2位だった。

当時激突したモウリーニョペップの接触シーンがこれ(以下動画1分27秒~)。

スペイン時代から色々あった2人だが…。

ただ、シティとユナイテッドとの勝点差は19もあったほか、勝点剥奪の可能性があるのは2012~2016とされている。ありえないことが前提の完全なジョークのようだ。

シティの優勝消滅? モウリーニョが言い放ったジョークとは