リーガ・エスパニョーラ第24節が16日に行われ、レアル・マドリードとセルタが対戦した。

 5連勝中で14試合無敗の首位レアル・マドリード。暫定18位に沈むセルタをホームに迎えた今節は、エデン・アザールがスタメンに入り、昨年11月26日パリ・サンジェルマン戦で右足を負傷して以来、約3カ月ぶりの復帰を果たした。

 開始7分、イアゴ・アスパスが前線へ絶妙なスルーパスを送ると、抜け出したフョードル・スモロフが冷静に右足シュートを沈めてゴール。アウェイのセルタが先制に成功した。その後はレアルが主導権を握るが、反撃は実らないまま1点ビハインドで折り返す。

 それでも後半に入ってレアルは52分、マルセロがエリア左の深い位置からマイナスに折り返すと、中央のトニ・クロースが左足ダイレクトシュートを叩き込んで同点ゴールを奪った。64分には、エリア左へ抜けたアザールがGKに倒されてPKを獲得。このPKをセルヒオ・ラモスゴール左隅へ突き刺して逆転に成功した。

 しかしセルタは85分、デニス・スアレスエリア中央へ決定的なスルーパスを送ると、飛び出したサンティ・ミナが右足ダイレクトで流し込んで同点に追いついた。レアルはその後、猛攻を仕掛けたが、そのままタイムアップ。下位相手に痛恨のドローで、2位バルセロナとの勝ち点差が「1」に縮まった。

 次節、レアル・マドリードは22日にレバンテと、セルタは同日にホームでレガネスと対戦する。

スコア
レアル・マドリード 2-2 セルタ

【得点者】
0-1 7分 フョードル・スモロフ(セルタ)
1-1 52分 トニ・クロース(レアル
2-1 65分 セルヒオ・ラモス(PK)(レアル
2-2 85分 サンティ・ミナ(セルタ)

アザールがセルタ戦で約3カ月ぶりに復帰。PK獲得もチームはドロー [写真]=Getty Images