星和のマスク無料配布告ポスター(同社が運営するミカド五反野店のツイッターより)

パチンコ店許される「総付景品」とは
 日本全国のパチンコ店では、月に1回、来店した客に粗品を渡しても良いというルールがある。ひと昔前までは、業界内で特にルール化されておらず、来店客に毎日ジュースを配ったり、遊技中の客にお菓子を配ったり、過剰ともいえるサービス合戦が加熱した時期があったが、これが「客の射幸性を煽る」という理由でルール化された。

 今では月に1回任意の日(年末年始等の特別な時期は例外もあり)に、200円程度までのものであれば、お客様へのサービスとして無料景品を渡してよいということになっている。パチンコ業界ではこの景品のことを「総付景品」と呼んでいる。これは集客ツールとして、パチンコ店にとっては大事な広告手段である。

 パチンコ店に出入りする人であれば、高級箱ティッシュや地方の特産食料品等を店舗スタッフが配っているのを見た事がある人もいるだろう。

 さて、2月14日。世はバレンタインデー

 多くのパチンコ店では、月に1回の総付景品の配布日をこの日に定め、店舗の女性スタッフらからお客様にチョコレートを渡すということが恒例化している。勿論、男性ばかりに渡すのではなく、女性客にも渡す。世の中のイベントごとに乗っかるのは、客商売であればマーケテイングの常識であり、これはこれで素晴らしいサービスだと思う。

 そのような時節、チョコレートよりも、世の中の皆が欲しいと思うアレを配ったパチンコ店が現れた。

COVID-19の影響が騒がれる中、パチンコ店が配ったのは……
 そのパチンコ店が総付景品としてお客様に配布したのが、新型コロナウィルスCOVID-19)の影響により品切れ状態が続く「マスク」である。配ったのは愛知県一宮市に本社を置く株式会社星和で、愛知県東京都に「ミカド」の屋号で6店舗のパチンコ店を展開している。

 「ミカド」では、2月15日土曜日、6店舗全店でマスク(5枚1組)を無料配布したのだ。語弊のないように明記しておくと、マスクの欠乏が叫ばれるなか、このパチンコ店が独自のルートで大量入手した訳ではない。同社は「災害時支援協定企業」として、災害時に必要な物品を予め備蓄しており、新型コロナウィルスの国内感染が広がり、マスクの需要が急激に高まるなか、この備蓄していたマスクを全店で配布することを決めたのだ。

 バレンタインデーチョコを配るのではなく、その翌日にマスクを配布した「ミカド」のパチンコ店に対する業界内外の反響は小さくない。ミカド全店のツイートや店舗スタッフツイートは大きく拡散され、全店において備蓄のマスクをすべて配布した。このマスクの配布は、パチンコ店で遊技している客だけではなく、遊技をしない地域の人たちにも配布することを謳っており、同社の取り組みは地域におけるパチンコ店の在り方に一石を投じている

◆全国のパチンコ店はあとに続くべし
 菅義偉官房長官は定例の記者会見で、来週(2月17日の週)には、官民一体の体制で一定の供給が出来る見通しが出来たと発表している。しかし新型コロナウィルスの更なる感染拡大に、花粉症シーズンまでは重なるなか、マスク自体の絶対量は不足するであろうし、ドラッグストアやコンビニ等に一定数の供給がなされたとしても、我先に購入しようとする人々が殺到するなか、相変わらずマスクを購入できない人たちも出てくるだろう。

 これは筆者の私見ながら、全国のパチンコ店では、3月の総付景品としてぜひマスクを配布してほしい。勿論、過剰な買込み等は避けて然るべきであるが、パチンコ店に訪れる高齢ユーザーらに再配布するという目的であれば、一定数の買込みは社会悪ではない。

 総付景品としてだけではない。例えばパチンコ店の中には来店ポイント(1来店1ポイントで、ポイント数に応じて景品を獲得できるサービス)という制度を取り入れているお店も多くあり、パチンコ店に客が来店するたびに、1ポイント景品としてマスクを1枚配布するという方法もあると思う。

 そもそも災害備蓄品としてのマスクや飲料水は、備蓄品のローリングストック(災害備蓄品等の劣化を避けるため定期的にストックを放出し新たに買い入れること)として、総付景品や来店ポイントとは別のサービスカテゴリーで配布することも出来るはずだ。

 昨年の台風19号の被災時には、ホールを避難所として開放したパチンコ店も注目を集めた(参照:”台風19号の中、注目されたパチンコ店のツイート。知られざる防災拠点、災害避難所としてのポテンシャル”|HBOLパチンコ店は「災害」に強い、という証明をすべきだ。

<文/安達夕>

【安達夕】
Twitter@yuu_adachi

星和のマスク無料配布告ポスター(同社が運営するミカド五反野店のツイッターより)