久保沙里菜さんという女性がいる。彼女の肩書きは仏像マニア女子大生アナウンサーという、かなり渋滞したキャラクターだ。



 そんな彼女に直接話を聞くと、その清廉な見た目からは想像もつかない、マニアックな衝動が噴出してきた。

二宮金次郎マニアだった子供時代

――まず、女子アナウンサーということですが、どういった活動をしているんですか?

久保沙里菜(以下、久保):私、静岡出身でして、静岡の情報番組のレポーターをレギュラーで出させていただいたり、イベントや企業のパーティーの司会などをやらせていただいています。

――普通のアナウンサーの仕事ですね。アナウンサーの肩書きに「仏像マニア」とついていますが、仏像にハマったきっかけは?

久保:7歳の頃に、家族で京都旅行に行ったんですね。そこで三十三間堂に入って、ズラーっと並ぶ1001体の千手観音に衝撃を受けたのが最初ですね。

――ご両親も、お寺や仏像がお好きなんですか?

久保:そういうわけでなく、普通の京都旅行の観光地の一つとして行ったんですよ。

――子供はお寺などあまり喜ばないイメージがありますが。

久保:元々「像」が好きで仏像に出会う前は、二宮金次郎マニアだったんですよ。

――二宮金次郎マニアって(笑)

久保:二宮金次郎が大好きで、幼稚園の頃に近所の小学校二宮金次郎を見に行ってました。そして、石屋さんに売ってあるのを見つけて、そこの社長宛にお手紙を何枚も書きまくって、祖父にも頼み込んで買ってもらいました(笑)

――幼稚園生が二宮金次郎像を買ってもらったんですか?(笑)

久保:そうです(笑)50cmくらいの大きさの石像なんですけど、今でも実家の庭にいます。今でも二宮金次郎、好きです。

――変わった子供だったんですね。

久保:小学校の時は、友だちに仏像が好きだって話したら「キモい」っていわれて、長年誰にも話せなくて秘めてきました。なので、買ってもらった仏像の本をずっと眺めて、会いたい仏像のページに付箋を貼ったりしてました。そして、地元静岡から近いお寺へ連れて行ってもらったりしてました。

アルバイト代で仏像を買う

――その中で出会った仏像で衝撃を受けたものはありますか?

久保:横須賀の浄楽寺に連れて行ってもらって、そこで初めて運慶の仏像を見たんですよ。小学校中学年くらいで、「こんなかっこいい仏像がいるんだ」って思って、さらにハマりこみましたね。

――自分のお金で行った初めての仏像旅行はいつですか?

久保:高校まで実家暮らしでいろいろ厳しかったので、大学に入ってからですね。最初は、奈良の興福寺に行きました。

――友だちと?

久保:いえ、ひとり旅です。基本一人なんで(笑)あと、そのころからようやく仏像が好きだって言えるようになって来ました。SNSの発展で同志がいるっていうこともわかったので。それからは「若い世代の人にも、お寺や仏像に興味を持ってもらいたいな」って思うようになりました。

――アルバイト代も仏像旅行につぎ込んで。

久保:そう。仏像を見に行くか仏像を買うか。

――買う?仏像って買えるんですか?



久保:そうですね。家庭に置くインテリア仏像のお店とか、お寺のお土産物屋さんですね。伊勢に旅行に行った時に、仏像を売っているのを発見して、そのまま買って帰りましたね。家に置いて、お香を焚いて、あとは照明を自分で調整して「この角度が一番カッコよく照らせる!」って研究してます。

――自宅本堂化計画(笑)

久保:最近は、仏像を入れる厨子(ずし)が欲しいです。仏像を入れておいて普段は閉めてるんですけど、ご開帳日を自分で決めて、その日だけ開けるみたいなことをしたいです(笑)

◆好きなタイプ毘沙門天像似の男性

――もう、筋金入りのマニアじゃないですか。

久保:仏像って、観ていてまずは何より、落ち着くんですよね。それぞれパワーも感じるんですよ。私は仏教徒というわけではないんですが、何百年もいろんな人の祈りを受けてきたということを考えると、やっぱりパワーを感じます。そういう存在がそこにいるだけで、その空間の空気が変わるっていうか。それに、仏像はいろんな種類があるので、飽きることはありませんし。

――仏像マニアでよかったなと思うことはありますか?

 まずは、ほっこりできる。落ち込んでる時も癒してもらえますし、心の支えになってます。いろんな種類がいるので、テンション上がってる時には不動明王もグッときますね。

――好きな仏像とかってあるんですか?

久保:地元静岡の願成就院というお寺の、毘沙門天像です。運慶が作った国宝の仏像なんですけど、こちらも衝撃をうけましたね。玉眼(仏像の眼球部分に水晶をはめ込む技法)が入っているんですけど、その眼光がすごくて。そして甲冑の上からでもわかる筋肉質と、どっしりとした二本の足で邪気を踏みつけている力強さはたまりませんね。

――興味本位で聞くのですが、リアルでの男性の好みも仏像と関わってきますか?

久保:そうですね。やっぱり、仏像に似てる人は見ちゃいますね。もし毘沙門天像みたいな人がいたら教えてください(笑)あまりにも好きすぎて、願成就院の仏像のことを卒論で書きました。

――アナウンサーとしての仏像関係の仕事はありますか?

久保:それが、まだないんですよ。仏像紹介する番組に出たいです!

――なかなかなさそうですが(笑)

久保:ですね(笑)。それで最終的には仏像カフェを開きたいです。各席にいろんな仏像をおいてお香を炊いて、お客さんに好きな仏像の席に座ってもらったり。仏像を知らない人でも、その日の気分を聞いてそれにあった席に案内したり。「将来に不安があります」ってお客さんだったら、未来仏の弥勒菩薩の席に案内するとか(笑)

 愛らしく清らかな笑顔の裏に、ものすごいマニア心が秘められていた久保沙里菜さん。アナウンサーとしても仏像マニアとしてもさらなる活躍を期待したい。<取材・文/Mr.tsubakinb>

Mr.tsubaking】
Boogie the マッハモータースのドラマーとして、NHK大!天才てれびくん」の主題歌を担当し、サエキけんぞうや野宮真貴らのバックバンドも務める。またBS朝日「世界の名画」をはじめ、放送作家としても活動し、Webサイト「世界の美術館」での美術コラムやニュースサイト「TABLO」での珍スポット連載を執筆。そのほか、旅行会社などで仏像解説も。