転職コミット型プログラミングスクールDMM WEBCAMP」を運営する株式会社インフラトップ(本社:東京都渋谷区、代表:大島礼頌、以下当社  https://infratop.jp/ )は、現職を続けながらITエンジニア転職のスキル習得を目指す方向けに、2020年3月1日より新コースDMM WEBCAMP転職コース 土日・夜間講座』を開設いたします。本コースは、プログラミング未経験者でも働きながら最短5カ月でプログラミングスキルと転職成功スキルを身につけられるカリキュラムとなっています。


背景
AIによる労働代替化や終身雇用制度の崩壊により労働市場が変化する中、個々人が時代に即したスキルを身につけキャリアアップしていくことが求められています。プログラミングなど専門スキルが必要なITエンジニアは、IT化が進むにつれて需要が拡大・市場価値が高まる職業です。しかしながらプログラミング未経験者が現場で通用する技術を習得するには相当な学習量を必要とするため(*1)働きながら学習しITエンジニアを目指すことが難しいという課題がありました。
この度、最短3ヶ月の集中学習で未経験からのITエンジニア転職成功率98%(*2)を達成しているDMM WEBCAMPは、従来のカリキュラムをアレンジし、土日・平日夜の学習でITエンジニアを目指せる教育課程を実現いたしました。これにより、仕事を続けながらITエンジニアへの転職準備を始めたい方でも、ライフスタイルに合わせ無理なく学習し、確実に必要なスキルを習得していただくことが可能となります。

インフラトップは「学びと仕事を通して人生を最高の物語へ」のミッションのもと、今後もより多くの方が自信を持って新しい職業への一歩を踏み出していける後押しとなれるよう、ITエンジニア転職を目指す方に寄り添ったサービス提供を行ってまいります。

*1:3ヶ月間の学習カリキュラム 「DMM WEBCAMP転職コース 短期集中講座」では最低160時間/月の来校学習を必須としている。
*2:2019年4月実績。

【特徴】
実践的スキルと学習継続を高める環境のご提供
-短期集中講座と同様に、基礎学習・チーム開発・応用課題・ポートフォリオ開発を行っていただきます。
-5カ月間でHTMLCSSJavaScriptRuby on RailsAWSGitHubといった多岐にわたるスキルを習得できます。
-平日夜間と土日終日、渋谷校にてメンターに質問し放題、さらに教室外でもオンラインにて質問できる環境で、学習継続をサポートします。

充実したキャリアサポート
-転職活動準備のサポートや、未経験からでも安心してキャリアをスタートいただける質の高い求人をご案内いたします。
-ITエンジニア転職に精通したキャリアアドバイザーとの面談を通して、中長期のキャリア形成を支援します。

DMM WEBCAMP転職コース「土日・夜間講座」カリキュラム>

転職保証付き
-転職保証付与条件を満たした方には転職を保証します。万が一転職できなかった場合は受講料を全額返金いたします。
-転職保証付与条件の詳しい内容は、無料カウンセリングにてご説明いたします。

先着10名様限定!10万円キャッシュバックキャンペーン
-「DMM WEBCAMP転職コース 土日・夜間講座」を2020年3月より受講開始される方の中から先着で10名様に入学金の10万円をキャッシュバックいたします。(*)
*2020年2月1日2月29日の間にお申し込みいただいた方に限ります。


【募集内容】
・募集開始日:2020年1月16日
・対象:未経験からITエンジニアへの転職を希望する第二新卒以上の方
・受講料:¥828,000(税抜)
・講座実施教室:DMM WEBCAMP渋谷校
東京都渋谷区神南1-19-11パークウェースクエア`2 4F)
・教室利用可能時間 :平日夜間(19~22時)・土日(11時22時
・申し込み方法:下記、サービスページより「無料カウンセリング」をお申し込みください。
サービスページhttps://web-camp.io/weekend/

【会社概要】
社 名:株式会社インフラトップ http://www.infratop.jp/
会社所在地 :〒150-0041 渋谷区神南1-19-11パークウェースクエア`2 4F
電話番号:03-6869-4700
設立年月日 : 2014年11月19日
資本金:1億9000万円(資本準備金を含む)
代表者:代表取締役 CEO 大島 礼頌(おおしま あやのぶ)
事業内容 :プログラミング教育事業、有料職業紹介事業


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社インフラトップ 広報担当 西河 美由紀
Tel:03-6869-4700/E-mailmiyuki.n@infratop.jp

配信元企業:株式会社インフラトップ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ