ニューカッスル監督、選手の過密日程に苦言「国際親善試合か大会を廃止すべきだ」

 ニューカッスル・ユナイテッドは4日に行われたFA杯4回戦の再試合で、オックスフォード・ユナイテッドと対戦し、延長戦の末に3-2で勝利した。勝利を収めたニューカッスルだが、前半37分には直前にゴールを挙げたブラジル人FWジョエリントンが負傷でベンチに退いた。負傷者が相次いでいるニューカッスルスティーブブルース監督は、選手の過密スケジュールの軽減に取り組むべきだと主張した。英公共放送BBC」が報じている。

 ニューカッスルの冬の休暇は、FA杯の4回戦が再試合となったことで15日間から12日間に短縮された。彼らは2019年12月5日から20年2月5日にかけて、すでに15試合を消化している。

 この状況にブルース監督は「トッププレーヤーたちに毎週土曜日木曜日プレーをするように要求し続けることはできない。選手たちには、疲れるまで全力でプレーしろと要求している。『普段、どんな練習をしているんですか?』と質問してくる人もいるが、意味がない質問だ。選手は試合で疲労が溜まり過ぎているからだ」と、不満をぶちまけた。

 プレミアリーグクラブでは、チェルシーマンチェスター・ユナイテッドが最長の休みを取ることができ、2試合間で最大16日の時間があった。一方、最短はサウサンプトンの10日間になっている。

 ブルース監督は、特に国際Aマッチを戦っている代表選手たちには、もっとしっかり休みを与えて、しっかりと充電する時間を与えるべきだと主張した。

ヨーロッパ全体が休みを取っている。スコットランドも3週間は休みがある。それは良いことのはずだ。もし十分に休みを取ることができないなら、どうにかしてリーグを伸ばすことが必要だ」

ブルース監督が「いつになったら大会に勝てるか不思議に思っていた」と疑問視

 ブルース監督は、イングランド代表が1966年以降、メジャータイトルを獲得できていない要因も、選手がこなす試合が増加したことにあるとしている。

「私たちはなぜ勝てないか、いつになったら大会に勝てるか不思議に思っていた。イングランドは十分なパフォーマンスが示せていない。今日の代表選手たちは、重大な問題を抱えている。明らかにおかしなことだ。休みを得られないのだからね。彼らは機械のように扱われ、壊れていくんだ。ハリー・ケインの負傷も、プレーし過ぎたことが原因だ。国際親善試合を廃止するか、カップ戦の一つを失くすべきだ」

 12月にはリバプールユルゲン・クロップ監督も、過密日程に苦言を呈していた。この時は、カタールで開催されたFIFAクラブワールドカップを制したものの、その前日のカラバオカップ準々決勝には若手で臨み、アストン・ビラに0-5で敗れている。その際に、クロップ監督は「このような状況は受け入れられない」と不満を呈していた。

 マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督も、現在の日程に不満を口にしており、このスケジュールをこなすには「1年が400日必要」と言及している。このように現場からは不満の声が多く上がっているが、はたしてレギュレーションの変更は受け入れられるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督【写真:Getty Images】