ファンからの非難や批判が殺到し、ソニックデザイン修正を余儀なくされたことから公開日が延期された映画『ソニック・ザ・ムービー』が、2月14日に全米公開となりました。

ソニック・ザ・ムービー」最新予告編で公開された新しいソニックデザイン 「やっと見るに値する映画になりそうだ」
https://getnews.jp/archives/2280539

初週(実質14日~16日の3日間)の興行収入は、5700万ドル(約62億6000万円)。ゲームが原作の映画に限れば、2019年5月公開の『名探偵ピカチュウ』が記録した5430万ドルを超え、最高記録を更新したことになります。

このニュースに対し、ソニックファンたちからは以下のような声が寄せられています。

ファンの声に耳を傾ければいいことがあるってことさ
・『アベンジャーズ/エンドゲーム』の記録を抜いて欲しい
・セガと任天堂ライバル対決はいまだに続いていたんだね
・家族全員で楽しめた映画
・今年イチの映画だ
ソニック、行け~!
・ねっ、ソニックの修正が無駄にならなかったでしょ
・今頃ピカチュウは泣いてるな
ゲームが原作の映画は観てられないのが定説だったけど
・面白かったよ
・SFXチームに特別ボーナスだな

どうやらソニックファンたちも納得の仕上がりだったようです。

ソニック・ザ・ムービー』日本版予告(YouTube
https://youtu.be/cPhOKQmZvfE

ソニック・ザ・ムービー』は、2020年3月27日に日本公開となります。日本でもヒットするんでしょうね、たぶん。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/metacritic/status/1229091518549377024 [リンク]

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』
映画『ソニック・ザ・ムービー』 初週の興収5700万ドルと『名探偵ピカチュウ』超えの好スタート