密室で部屋も着衣にも乱れはなく、病死に見える遺体。監察医はなぜ窒息死だと言い切れたのか? から続く

 火事になった一軒家から親子の焼死体が発見された。愛人のいる夫の犯行が疑われたが、司法解剖をしても死因は不詳――監察医はどのように夫の犯罪を見破ったのか。

◆◆◆

町はずれの一軒家が火事になり、中から2人の焼死体が

 町はずれの一軒家が火事になった。中から2人の焼死体が発見された。その家の母と子のようだがはっきりしない。出火の原因も不明なので司法解剖することになった。

 大学での解剖の結果、死亡者は住人の母25歳と2歳の女児であることが分かった。

 女児は気管に煤(すす)が付着し、CO-Hb(*1)飽和度65パーセントで焼死であったが、母親は気管に煤の吸引はなく、CO-Hb飽和度は陰性で火災の前に死亡していることが分かった。しかし死因ははっきりしなかった。母親の所見では肺、心臓、脳など内臓には、特に死につながる病変や損傷は見当たらない。また血中アルコール陰性、そのほかの毒物も検出されない。火災の前に死亡していることは明白だが、死因は不詳との鑑定書が提出された。
(*1)一酸化炭素中毒死の場合、一酸化炭素(CO)と赤血球の赤い色素であるヘモグロビン(Hb)が強く結合し、CO-Hbが形成される。血は鮮紅色になる。

遺体は焼け焦げており、警察の捜査は行き詰まっていた

 警察は強盗・殺人・放火を視野に捜査をしていた。夫の挙動が怪しいことが分かってきた。家が焼けて妻が死亡すると、多額の保険金が支払われる。さらに愛人もいた。夫の容疑は濃厚なのだが、解剖した鑑定書は死因不詳なので、警察は執刀医に「頸部に絞殺のような所見はないか」と執拗に迫った。しかし、頸も顔も真っ黒に焼け焦げている。さらに首の筋肉に出血はなく、軟骨や舌骨にも骨折はないので、頸部圧迫を立証する所見は見当たらないと言う。警察の捜査は行き詰まっていた。

「なに? 司法解剖しても分からない事件?」

 そんなある日、県警本部の検視官から電話が入った。「先生、お久しぶりです」。一昨年研修でお世話になった人懐(ひとなつ)こい検視官であった。「困った時の神頼みで申し訳ありませんが、相談したいことがあるので2、3日中にお伺いしたい」と言うのだ。「なに? 司法解剖しても分からない事件? それを私が書類を見て分かるはずはない」とお断りしたら、「そんな冷たいことを言わないで」と、2日後に押し掛けられてしまった。

 部下を連れ大きなカバンから資料を出し、テーブルの上に広げ始めた。「まるで押し売りだね」と笑いながら、事件の経過を聞いていた。

「そうなんです。夫が怪しいが、鑑定書は死因不詳だから、切り込めない」というのである。検視官は説明を続けていたが、40〜50分経ったであろうか、1枚のカラー写真が私の目に留まった。これまで一度も利用されていない埋もれた1枚の写真であった。手に取ってルーペで詳しく観察した。

「絞め殺されているな、これは」「どうして。なぜ?」

「絞め殺されているな、これは」と言うと検視官は驚いた。なんで頭蓋底(ずがいてい)の写真を見てそんなことが分かるのかと、不思議に思ったのだろう。「どうして。なぜ」を繰り返した。頭蓋底の写真と絞殺(こうさつ)がどうしてつながるのか。検視官はそれが不思議でならなかったのだ。

 私は解剖学の本を広げ、頭部顔面の血管分布図を示しながら説明した。

「顔にうっ血があり、首に索条痕があれば、絞殺したことはすぐ分かってしまう。強盗に入り金を奪い逃げる時、放火すれば顔のうっ血、首の索条痕は焼却され、証拠はすべて消滅できる。かなり考えた知能犯のようだ。法医学の鑑定としては、これは犯人との知恵比べになるのでおもしろいケースだ。やる気が盛り上がってくるね」。私は自信を持って検視官にそう言った。検視官は半信半疑で私の顔を見ていた。

 解剖学の図を指さしながら、「頸動脈の分布を見れば分かるように、同じ血管が頭蓋骨にも分布しているでしょう。だから顔に強いうっ血をきたして死亡すれば、頭蓋底にも必ずうっ血が出現する」。解剖して頭蓋冠(ヘルメットに似た頭頂部の骨)を除去し、脳硬膜を開けて脳を取り出すと、ドクターは脳の精査に集中し、頭蓋底は骨折の有無を見る程度で終わりである。頭蓋底を詳しく観察するドクターはいない。

顔のうっ血と首の索条痕を焼却しても残った証拠

 私は溺死の研究で頭蓋底の錐体(すいたい)内出血を立証し、頭蓋底を詳細に観察する習慣があったから、顔に強いうっ血をきたして死亡するケースは、頭蓋底にもうっ血があることを知っていた。医学を知らなくても、私の説明でお分かりいただけるだろう。川を塞ぎ止めれば、上流に水が溢れるのと同じである(下の図参照)。

「骨は一般に蒼白であるが、顔にうっ血をきたして死亡した人の頭蓋底の骨は、うっ血のため淡青藍色(たんせいらんしよく)に見える。そんなことは世界中の法医学の教科書を見ても、どこにも書いていない。私の新しい知見なので知る人は少ない。しかし説明の通りの理屈でお分かりいただけるでしょう」

 検視官は「なるほど分かります。顔のうっ血と首の索条痕を焼却しても、頭蓋底にうっ血があるから絞殺の事実を立証できる。これはすごい。さすがは先生、ありがとうございました」と驚きと感謝を繰り返し、帰っていった。

 後日、私は再鑑定書を県警へ提出した。夫は逮捕され、有罪になって裁判も終わった。語らぬ死体が語ってくれたのである。

 頭蓋底の所見は、死体が腐敗しても白骨化しても、また焼死体でも頭蓋底は頭蓋骨の中で保護されているので、その所見を見ることができる。死因を考察する上で頭蓋底の所見は、極めて重要なので観察を怠ってはならない。

窒息死や急病死などに出現する溢血点の大きさの違いから判ること

 溢血点は赤く小さい点で、窒息死や急病死などに出現する特徴的な所見とされている。眼瞼結膜に好発するので、眼瞼をひっくり返すと見ることができる。

 溢血点は小さいが、それでも大小の差がある。大きい粟粒大、小さい蚤刺大などと表現されるが、法医学の教科書には溢血点の有無を言うだけで、その大きさについての解説はない。

 私は昭和の時代、30年間東京都の監察医をやっていた。その間2万体の検死を通し、溢血点について私なりの知見を得たので、実例を挙げて述べることにする。

居間で亡くなっていた認知症を患っていた父親

 帰宅した息子が居間で倒れている父親を発見した。近くの医師に診てもらったが、すでに亡くなられていたので、「これは警察に届けなければなりませんね」と言われてしまった。認知症であったが、最近は医者にかかっていなかった。立会官は「事件性はなく、病死のようである」と、捜査状況を説明してくれた。

 しかし、検死すると顔はうっ血し、眼瞼結膜に粟粒大の溢血点が5、6個出現している。病的発作の溢血点は蚤刺大と小さいのが一般的である。しかし本件は、顔がうっ血し溢血点は大きい。病死とは思えないので、解剖することにした。息子を始め家族は解剖を強く反対した。「何で亡くなられたのか、診断がつかないので死亡診断書の発行ができない」と説明したが、息子は「病名はなんでも良いから解剖しないでほしい。かわいそうだ」の一点張りであった。「お気持ちは分かりますが、病死ではないようにも思えるので」と言うと、息子は驚いて「血圧も高いし、頭もボケていたから病気だ」と強く解剖に反対した。

「解剖すると何か不都合なことでもあるのでしょうか」

 埒(らち)があかないので私は「解剖すると何か不都合なことでもあるのでしょうか」と言うと「え? 私を疑っているのですか」。しばらく間があったが、息子は「勝手にやれば良かろう」と言い、部屋を出ていった。そんな経緯であったが、とりあえず監察医務院で行政解剖をすることにした。警察官も解剖に立ち会った。もしも絞殺などが明らかになれば、直ちに司法解剖に切り換えることにしていた。

 気管の中に泡沫があり、気管粘膜はうっ血し、肺もうっ血していた。肺胸膜に溢血点があり、やはり窒息死のようであるが、頸部に絞めたような痕跡は見当たらない。鼻口部閉塞の窒息かもしれないと思ったが、鼻口部を押さえて閉塞したという痕跡は、死体に残りにくいから実証できないので、推定の範囲を出ない。容疑者の供述を待たなければならない。後日警察が息子を厳しく調べたところ、父親を寝床の中で、顔に布団をかぶせ鼻口閉塞させて、窒息死させたことを自白した。介護疲れの犯行であった。すぐ司法解剖に切り換わったので、私は鑑定書を書き検察庁に提出した。気の毒な事件であったが、溢血点が粟粒大と大きく、病死の溢血点とは違うことによって、解決したケースであった。しかし、まれに例外もあるので注意深く観察する必要がある。

人権を守り悪者を捕えることができる、小さな溢血点

 溢血点はその有無が重要なので、大きさには意味はないとされているのだろう。しかしそうではない。溢血点の大小によって、死因が異なることがあるのだ。これを問題視していないのは、日本の大学の解剖のシステムに原因があると思われる。大学は殺人事件のような司法解剖しか行っていない。しかも解剖台に上げられた裸の死体を解剖するだけだから、現場は見ていないし、着衣も見ていない。解剖所見を記録しているだけなのだ。しかも病死、事故死、自殺などは扱わない。

 ところが監察医は警察官と一緒に現場に行き、検死し、死因が分からなければ行政解剖をする。病死(元気な人の突然死)はもちろん、事故死、自殺、他殺などすべての変死を現場で検死し、死因が分からなければ行政解剖する。そうやって1つの事案に深くかかわり、判断しているので、大学の司法解剖とは全く違う。したがって窒息の溢血点と病的発作の溢血点の大きさの違いが分かるのである。

 この小さな溢血点によって、人権を守り、悪者を捕え、世の秩序を維持することができるのである。

死斑の色に、まぶたの裏に、頭蓋骨の奥底に、本当の死因は隠されていた――元監察医が2万体を超す検死実績から導き出した数々の症例が『死体は語る2』(文春文庫)に修められています。「極寒のなかの凍死体は、なぜ裸だったのか?」「18ケ所も刺した犯人像とは?」推理しながら、ぜひお楽しみください。

(上野 正彦)

©iStock.com