2月14日より、ミニストップから新メニュータピオカ抹茶ミルク」が新発売されました。今までも、ミニストップタピオカメニューを発売当日に飲んできましたし、抹茶味は大好物の筆者。気にならないはずもなく、早速今回も味見してみました。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 これまで、ミニストップタピオカメニューは、定番のタピオカミルクティーや、タピオカいちごミルクが提供されてきました。今回は和の雰囲気を味わえる抹茶ミルクが新しく登場です。

 お店に到着すると、早速タピオカ抹茶ミルクを注文して、イートインで頂くことに。ミニストップでは、他の商品のソフトクリームとかと同様、注文してからタピオカ抹茶ミルクを作ってくれるので、その待つ時間も楽しみなんですよね。お店によっては作ってる様子もガラス越しに見えますし、あぁ、そんな感じに作っているんだというのが見てるだけで時間が過ぎてしまいます。

 待つことしばし。「お待たせしました」の声とともに、店員さんがタピオカ抹茶ミルクを手渡してくれました。タピオカは大粒で、綺麗なグリーン。そして量も多くて、これは期待できますね。

 まずは一口。あ、抹茶ミルクが美味しい。かき混ぜる前に飲むと、抹茶の味が濃く、しっかりしてて抹茶ミルク自体は甘さが抑えられていて、かき混ぜて飲むと、ミルク感が強くなり飲みやすくなります。1つの商品で2度楽しめる感じですね。

 混ざる前のミルク部分も飲んでみましたが、ミルク自体がとても美味しく、それだけでも満足できる感じですね。なんでも北海道産の特選牛乳が入っているそうで、妙に納得してしまいました。

 さて、次は肝心のタピオカはどうでしょうか。

 うん、タピオカには少し甘みがあり、モチモチした食感。先程の抹茶ミルクバランスが取れていて美味しいです。抹茶ミルクと混ぜることにより、濃厚な抹茶のキャンディーを頬張ってるみたい。でも食感がグミで……という不思議な感覚が味わえます

 以前から販売されていたタピオカミルクティータピオカいちごミルクは甘くて、ポテトとかと一緒に頂くと美味しく感じていたのですが、タピオカ抹茶ミルクは甘みが抑えられているので、ソフトクリームバニラとかと一緒に食べるととても美味しいと思います。

 また、半分くらいタピオカ抹茶ミルク飲んでその後にソフトクリームを載せても良いかも。お店の中だったので出来ませんでしたが、今度持ち帰りして、試してみようと思います。

 筆者は冷たいタピオカ抹茶ミルクを頂きましたが、店員さんのお話だと、温かい「温タピ抹茶ミルク」だと、濃厚さ、甘さが更に増すので甘いものが好きな方にはオススメとのこと。タピオカミルクティータピオカいちごミルクでは、温かい温タピを飲んでみたのですが、氷が入っていない分ミルクが濃厚に感じ、冷たいメニューより甘くなっていたので、こんなに味が変わるんだとびっくりしました。

 タピオカ抹茶ミルクは全国のミニストップにて、330円+税、温かい温タピ抹茶ミルク350円+税。この値段でこれだったら満足です。持ち帰りでお願いすると消費税率8%、イートインでのお召し上がりだと消費税率10%になりますので、少しだけ金額が違いますが、この美味しさの前では誤差程度なので気にしません。

 なお、2月23日まで、無料券が当たるキャンペーンもやっているらしいので、興味のある方は是非御賞味を。次回は温タピの抹茶ミルクも飲んでみようと思います。

(取材・撮影:戦魂)

ついに登場!ミニストップのタピオカ抹茶ミルクを飲んできました