新井ひとみ(東京女子流)が、2月16日に東京・SHIBUYA TAKE OFF 7で開催された「Takako Dreams『太田貴子バレンタインライブ2020』」にゲスト出演。2019年11月27日に“80年代アイドル”として、太田貴子が歌う、アニメ魔法の天使クリィミーマミ」(1983-1984年日本テレビ系)の主題歌デリケートに好きして」のカバー曲デビューした新井にとって、念願の本人との共演となった。

【写真を見る】ライブ中盤に、太田貴子から紹介を受け登場した新井ひとみ

ライブへの出演は、新井のYouTube番組に太田が登場した際、新井の「いつか共演させていただけるように頑張っていきます」の一言に、「今度、私のワンマンライブがあるから出演どうかな?」と太田が返したことで決定したもの。

たくさんの太田ファンが集まるライブ中盤に、太田から紹介を受けて登場した新井は、デビューシングルデリケートに好きして」を歌い上げた。新井は、「夢の一つがかないました」と感謝の気持ちを伝えた後、3月25日(水)にリリースする中森明菜カバー曲少女A」を独自の世界観で披露し、観客を驚かせた。

アンコールで再び呼び込まれた新井は、「デリケートに好きして」「LOVEさりげなく」の2曲を太田とデュエット

曲中には、客席からステージに向かってカラフルな紙テープが投げ込まれ、演奏が終わる頃には、床が紙テープで敷き詰められた。

80年代アイドルとしてデビューが決まってから、どんどんその年代にはまっていった新井にとって、今回のステージ共演は夢の一つでもあった。

ステージを終え、新井は「アニメで見ていたあの曲が生で聴けたことにもとても感動し、紙テープで彩られたステージクリィミーマミになったように感じました。本当に夢のような時間をありがとうございました」とコメントした。

新井は、2月19日(水)に7inchアナログ盤「デリケートに好きして/少女A」を、3月25日(水)にセカンドシングル少女A」をリリースする。(ザテレビジョン

太田貴子と念願の共演を果たした新井ひとみ