カラフルでぶさカワな妖精たちの冒険を描くドリームワークスアニメ映画TROLLS WORLD TOUR(原題)』が、邦題を『トロールミュージックパワー』として10月に全国公開されることが決まった。

【写真】ドリームワークスの映画『ボス・ベイビー』フォトギャラリー

 「トロールズ」は、『シュレック』や『ボス・ベイビー』を生み出したドリームワークスが新たに仕掛けるシングダンス・ハグが大好きなニューキャラクター。同シリーズは、トロールたちの心情、状況を捉えた音楽を織り交ぜながらストーリーが展開。声の吹き替えとともに前作『トロールズ』(2016・日本未公開)の主題歌を担当し、エグゼクティブ・ミュ ージック・プロデューサーも務めるジャスティン・ティンバーレイクヒットソング「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」はビルボードのホット100で初登場1位を記録。第89回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされるなど大きな話題を集めた。

 本作では物語のスケールも音楽もパワーアップトロールたちが歌う楽曲にはダフト・パンクの「ワン・モア・タイム」や、スコーピオンズの「ロック・ユー・ライク・ア・ハリケーン」、スパイスガールズの「ワナビー」など、世代に関係なく誰もが聴きなじみのある大ヒットナンバー満載。子供も大人も楽しめる音楽ミュージカル作品に仕上がっている。

 ポップ村に住む、歌と踊りそしてハグが大好きな妖精トロールズ。元気いっぱいのポピーがみんなの女王様だ。実はトロールズの村はかつて王国として繁栄していたのだが、音楽のジャンルごとに6つの村に分裂してしまっていた。「私たちと違う歌や踊りをするほかのトロールズがいるなんて素敵!」と胸を弾ませるポピー。しかし、ロック村のクィーン・バーブが全ての村を乗っ取ろうとしていたのを知る。ポピーは仲間たちと一緒に世界を守る旅に出かけるのだが…。

 監督は『シュレック』シリーズなどを手掛けたウォルト・ドーン。ハリウッドNo.1の歌唱力の持ち主との呼び声も高いアナ・ケンドリックが、<元気で歌と踊りが大好きなヒロインポピーの声を担当。ジャスティンが<堅実でちょっと内気なポピーの相棒>ブランチの声と共に、前作に引き続きエグゼクティブ・ミュージックプロデューサーも務める。

 映画『トロールミュージックパワー』は10月、全国公開。

映画『トロールズ ミュージック★パワー』ロゴビジュアル (C)A UNIVERSAL PICTURE (C)2020 DREAMWORKS ANIMATION LCC.ALL RIGHTS RESERVED.