映画『るろうに剣心 最終章 The FinalThe Beginning』に江口洋介が出演することが発表された。

2012年に第1作『るろうに剣心』、2014年に前後編2部作の『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』が公開され、累計の興行収入は125億円以上を記録している映画『るろうに剣心シリーズ。完結編となる『るろうに剣心 最終章 The FinalThe Beginning』では、剣心の「十字傷の謎」に迫る物語と、上海マフィアの頭目である縁との戦いを、幕末期と明治維新後の2つの時代を通して描く。7月3日8月7日に2作連続で公開。引き続き、緋村剣心役を佐藤健神谷薫役を武井咲相楽左之助役を青木崇高、高荷恵役を蒼井優が演じる。監督は大友啓史。

江口洋介シリーズ1作目から演じている斎藤一役を続投。新選組三番隊組長として最大の宿敵である剣心と共に幕末の動乱を生き抜いた後、明治時代に警官となり、新たな脅威を前に再び剣心と共に戦いに身を投じていくというキャラクターだ。発表とあわせて新たな場面写真が公開。煙草を咥えた斎藤一が、新田真剣佑演じる上海マフィアの頭目・縁を列車の中で探索する姿が写し出されている。

江口は斎藤一を演じ続けてきたことについて「同じ役を長年やり続けるということはそうないことなのでとても光栄です。その反面、今まで作り上げてきたキャラクターだからこそ逃れられないですし、自由にはできないところが大変でもありましたね。特に、今回は撮影に半年以上掛かり、その間はずっと緊張感を維持しなければいけないので苦労しましたが、撮影したこの画が全て繋がっていくと思うと、これはとんでもない映画になるなと確信しました(笑)」「これだけ大人数のスタッフとスケールの大きいセット、大規模な撮影を体験し、改めて『るろうに剣心』という作品の凄さを感じました。スタッフの熱量と意気込みに、こちらも奮い立つという感じでした」とコメント

7か月以上にわたって撮影されたるろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』について、江口は「かなりエネルギーを使いました。それは『The Final』と『The Beginning』はストーリーや時代が全く違うので、セリフの言い回しやトーンも変わってきます。幕末から明治という新時代になり、剣心や斎藤も世の中の流れとともに変化する様は見所です。その振り幅は、2作品を続けて観ると相当な見応えがあると思います」と語っている。

なお本日2月18日斎藤一誕生日

『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』 ©和月伸宏/集英社 ©2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会