「戦術的にもいろいろなところで良くなってきていると思う。チームとしての内容も、ゼロックス杯の時よりもACLの全北現代戦の時ほうが良かったと思うので、次の試合でもまたチームのためにプレーして、しっかりとやれたらいいなと思う」

 オナイウ阿道は、チームをそう表現した。今季、大分トリニータから移籍し、横浜F・マリノスの特殊な戦術にフィットするまでには、多少の時間は掛かるだろうと見られていた。事実、シーズンの開幕を告げる富士ゼロックススーパーカップでは、先発出場を果たしたものの、3ゴールを決めたチームでノーゴールに終わった。

 そして、アウェイで迎えたAFCチャンピオンズリーグ(以下ACL)の初戦でもスタメン出場。ゼロックス杯とは一転、チームが終始“マリノスらしい”サッカーを展開した中で、オナイウは「守備では自分がファーストDFになってしっかりとプレスを掛け続けること、攻撃では相手のセンターバックラインを下げるためにいいポジションを取ることを意識していた」と振り返る。

 結果としてオナイウ自身、多くの決定機を迎えたが、またしてもゴールはお預けとなった。得点を期待される声に対し、「もちろん(得点が欲しい気持ちは)ありますけど……」と前置きし、こう続ける。

「たくさんチャンスを作れるチームですし、その中でまずはチームが勝つことが大事だと思う。その中で自分がゴールという形で勝ちに貢献できたらといいなと思っています。まずはチームを考えながら、自分にチャンスが来た時に決める。この前の(ACL初戦の)反省も踏まえて、しっかりと決められたらと思う」

 オナイウの表情に焦りは感じられない。「ゴール以外の部分でもしっかりと貢献しないといけない部分も多いので、それをやればゴールはついてくると思う。焦りよりも、しっかりとチームとして狙っていることをやって、その中で自分がどうプレーできるかをやりたい」と冷静だ。

 横浜FMでのゴールを期待する声は確かに大きい。それを分かった上で、オナイウは自分がやるべきことをしっかりとやり遂げることでチームの勝利に貢献するつもりだ。

移籍後初ゴールに期待が掛かるオナイウ阿道 [写真]=Getty Images