アスラテックは2月17日、協働ロボット向けの遠隔操縦システムを開発したと発表した。安全な遠隔地にいる操縦者が、カメラの映像を見ながらロボットを操作することができ、作業の自由度が増す点が特徴。

オリジナルで読む



 一般的な協働ロボットは、事前に登録された作業を行うが、同社が開発したシステムを利用することで、協働ロボットネットワーク経由で任意に操縦できるようになる。協働ロボット本体の改造は不要で、同社の遠隔ロボットコントローラーV-Sido WebConnectブシドーウェブコネクト)」を接続するだけでシステムを使うことができる。

 2020年2月時点の対応協働ロボットは、Universal Robots社の「UR10」とFranka Emika社の「Panda」、SIASUN社の「SCR5」の3機種で、ほかの協働ロボットについても順次対応していく予定。

 遠隔で操縦したときの協働ロボットの動作などをデータとして保存することができるため、アスラテックは今後、遠隔による協働ロボットのティーチングや作業の可視化、人工知能を用いた作業の自動化実現に取り組む。