丹平製薬(大阪府茨木市)は、虫歯のない歯を育てるために「こどもハミガキ上手」を使ったハミガキ講習会を定期的に開催しています。2020年2月3日(月)には武庫之荘幼稚園兵庫県尼崎市園児さん30名が参加し、ナチュラルスマイル西宮北口歯科の児玉秀樹先生や歯科衛生士さんから、劇や実習を通してハミガキの大切さについて学んでもらいました。



講習会の後は、「虫歯の無い社会」の実現を目指して活動をされている児玉先生から、子育て期のママたちに向けハミガキの習慣化のポイントについてお話ししていただきました。子どもたちの虫歯実態として、年齢が上がるにつれ、虫歯罹患率が高まります。これは、大人と同じ食生活に変わっていくことと、歯の生え変わりで生えたばかりのエナメル質の弱い永久歯に虫歯ができやすいということによるもの。小さなころから、子どもたちに正しいハミガキの習慣を身に付けさせておくことは、とても大切なことです。

子どもたちは大人の真似をして学んでいく。この点をうまく使って、正しいハミガキを習慣化させる。

(以下、児玉先生)
ナチュラルスマイル西宮北口歯科は、キッズルームがない歯医者さんです。ママが治療するときに、ベビーカーで子どもを一緒に診察室に連れてきてもらっています。ママが椅子に座って治療される姿を、なるべく子どもに見せてあげる。そうすれば子どもたちが治療を怖がらなくなります。だからうちは、考え方としてキッズルームを作らないことを大切にしています。
これを家庭でのケアに置き換えてみます。子どもたちのハミガキの習慣化のためには、まず親が子どもにハミガキしている姿を見せてあげることだと思います。また、ママ・パパの仕上げ磨きを子どもたちにさせてあげると効果的ですよ。親が安心してハミガキをして、『お口がきれいになって気持ちいい!』といった反応を示すことで、ハミガキのイメージポジティブなものになっていきます。方法の一つとして、パパをごろんと横に寝転ばせて、パパの仕上げ磨きをママとお子さんで一緒にやってみるということもおすすめですよ。―


ハミガキに苦戦しているママ・パパは多いようで、羽交い絞めにしてなんとか磨いているというエピソードも耳にします。子どもの視点に立って、親子一緒にケアすることを大切にされている児玉先生のアプローチは、毎日の中で少し時間がかかることかもしれません。しかし、なぜハミガキをするの”という点子どもたちに理解してもらったで、ハミガキを習慣化させることができます。長い目で見れば、こういったプロセスが、結果として、家族みんなのお口の健康を守れることにつながる、丹平製薬は考えています

ママ・パパも一緒に使えば抵抗なく使用できる。視覚的ハミガキの大切さを実感させやすい工夫。
(以下、児玉先生)
―あとは、歯垢を赤く染めることができる商品などを使って、親子一緒にハミガキをしてみるのもいいですね。赤くなった状態をスマホなどで写真に撮っておき、その後きれいに磨いていきます。ビフォーアフターが視覚的にわかるように見せると、子どもたちにハミガキの大切さを実感してもらいやすくなります。ママ・パパたちの虫歯や歯周病になりやすいところも赤く染まりますよ。―

毎日できなくても、時間に余裕のある日だけなど、メリハリをつけ子どもコミュニケーションを取りながら取り入れていただけると良いかもしれませんママ・パパは忙しくてなかなか自分自身のことまで手が回らないこともあるかと思いますが、家族みんなで虫歯予防する中で子どもたち正しいハミガキ習慣を身に付けていってくれることを、丹平製薬は応援しています

●歯垢が赤くなるから、おもしろい!
子供でもみがき残さず「きちん」と磨ける『こどもハミガキ上手』
こどもハミガキ上手』は、歯垢を赤く染め、ハミガキと磨き残しのチェックとを同時にすることができる液体ハミガキです。赤く染まった歯垢をチェックしながら、赤い部分がなくなるまでブラッシングするだけで、小さな子どもたちでも、磨き残しなくきちんとハミガキすることができ、一人でのハミガキのトレーニング・習慣づけにつながります。子どもたちの毎日のハミガキタイムを、もっと楽しく効果的にしてくれるアイテムです。
丹平製薬オーラルケア製品URL

https://www.tampei.co.jp/products/oral/contents/products/


オーラルケアコンテンツサイトURL

https://www.tampei.co.jp/products/oral/contents/



【会社情報】
丹平製薬株式会社
代表取締役社長:森 宏之
本社所在地:大阪府茨木市宿久庄2丁目7番6号
事業内容:
医薬品・日用衛生家庭用品・
化粧品・健康食品・機能性食品の製造販売
コーポレートサイトURLhttp://www.tampei.co.jp/

【本リリースについての問い合わせ先】
マーケティング部マーケティング課
072-643-6132

配信元企業:丹平製薬株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ