TISインテックグループTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野徹、以下:TIS)、株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下:
インテック)は、EINS WAVEアインウェーブ)(※1) シリーズの『統合型閉域ネットワーク
サービス』の提供メニューに、株式会社インターネットイニシアティブ(以下IIJ)のMicrosoft Azure Peering Service向け接続サービスを追加することを発表します。今後、Microsoft Office 365の積極的な活用を検討されているエンタープライズ企業や中堅企業向けに2020年上半期中のサービス提供開始を予定しています。
(※1)EINS WAVE:お客様の課題に応じ、TISインテックグループデータセンターネットワークおよび自社クラウドなどのプラットフォーサービスをワンストップで提供する、広域仮想クラウドサービスブランド

<今回のサービス提供により解決される課題>


■本サービスの特長
  1. Microsoft Office 365(以下:Office 365)を含むMicrosoft クラウドサービスを信頼性の高いネットワークで利用可能
    『統合型閉域ネットワークサービス』から、Office 365をはじめとするMicrosoftクラウドサービスへのダイレクト接続が可能になります。安全かつ安定した通信環境で、Microsoft Teamsなどのコミュニケーションツールを使用し、快適なチームコラボレーションが実現できます。
  2. IIJレックスモビリティサービスなどのネットワークサービスも併せて利用可能
    サービスを通じ、切れないVPNサービスIIJレックスモビリティサービス(※2)」など、IIJの持つ多くのネットワークソリューションも利用可能になります。Office 365の導入や利用支援と合わせて、テレワーク環境の提供など、スマートワークを推進したいお客様に快適な通信環境を提供します。
    (※2)従来のリモートアクセスの課題であった「遅さ」「切れやすさ」を解消し、あらゆる場所から快適にアクセスできるIIJのVPNサービス


■背景
働き方改革の推進に伴い、多くの企業でテレワークの導入が進んでいます。そのような中、チャットファイル共有など複数のコミュニケーションツールが統合されたOffice 365は、今後ますます利用が拡大することが予想されます。
TISインテックグループMicrosoftパートナーとして、Office 365のコンサルティング・導入・教育などをお客様に提供していますが、その中でも、さまざまなお客様から「Office 365を活用した、テレワークの推進を行いたいが、セキュリティ面の不安やネットワークの混雑、通信遅延などの課題がある」と相談をいただいておりました。
IIJTISインテックグループは、データセンターネットワークビジネスでかねてから協業しており、今回のサービスはそのパートナーシップにより実現したものです。


■今後の展開
TISインテックグループでは、お客様にネットワークサービスOffice 365の導入や展開をしていくとともに、仮想デスクトップなどセキュリティ面も強化したソリューションを今後も提供し、お客様の働き方改革を支援していきます。


【日本マイクロソフト様からのエンドースメント】
日本マイクロソフトは、TISインテックグループのEINS WAVE統合型閉域ネットワークサービスの新メニューの提供開始を心より歓迎いたします。Microsoft Office 365をはじめとするMicrosoftクラウドサービスの利用がより一層進み、お客様の働き方改革に寄与できることを確信しております。
日本マイクロソフトは今後もTISインテックグループと連携し、お客様のデジタルトランスフォーメーションをご支援してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
パートナービジネス統括本部 統括本部長 安藤 浩


IIJ様からのエンドースメント】
インターネットイニシアティブIIJ)は、EINS WAVEの統合型閉域ネットワークサービスの新メニューの提供開始によりTISインテックグループOffice 365を活用した働き方改革ソリューションを展開できる環境が整ったことを歓迎いたします。高品質で柔軟性が高いネットワークサービスを提供するEINS WAVEシリーズの統合型閉域ネットワークサービスを通して付加価値の高い最適なソリューションを提供することが可能になると確信しております。
マイクロソフト コーポレーションから国内で初めて「Microsoft Azure Networkingマネージドサービスプロバイダー」として認定されたIIJとしても、今回のサービス開始を機にOffice 365を活用したデジタルワークプレイスを加速させ、TISインテックグループとのパートナーシップをより推進してまいります。

株式会社インターネットイニシアティブ
専務取締役 菊池 武志


■ 統合型閉域ネットワークサービス(※)について
「お客様」と「各種サービス」を接続する統合型の閉域ネットワークサービスです。TISインテックグループの国内全データセンターと接続し、 TISインテックグループデータセンターをはじめ各種サービスと直接接続しています。多様なアクセスメニューによるお客様拠点接続、パブリックメガクラウドインターネットアクセスなどを統合し、長年培ってきた高品質な運用とともに高信頼ネットワークをお客様へご提供します。

統合型閉域ネットワークサービスの詳細はこちら:
https://www.einswave.jp/service/network_service/dcan/


(※)2019年11月1日より、「EINS/MOW DCAN」から「統合型閉域ネットワークサービス」に名称変更しました。
MicrosoftMicrosoft Office 365は、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Microsoft Office 365は、Microsoft Corporationが提供するサービスの名称です。Microsoft Office 365は、Microsoft Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
※ 掲載された会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください


TISについて( https://www.tis.co.jp/
TISインテックグループTIS は、SI・受託開発に加え、データセンタークラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。


インテックについて(https://www.intec.co.jp/
お客様の経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシングサービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。インテックは、1964年の創業以来培ってきた技術力をもとに、AI、RPA等のデジタル技術の活用や、新たな市場の創造にも積極的に挑戦しています。常にオープンな姿勢で、人、企業、社会を技術でつなぎ、自らも変革しながら「豊かなデジタル社会の一翼を担う」企業としてお客様に新しい価値を提供してまいります。


TISインテックグループについて
TISインテックグループグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。


サービスに関するお問い合わせ】
TIS株式会社 サービス事業統括本部 プラットフォービジネスユニット
TEL:03-5337-4379 E-mail:ps-info@ml.tis.co.jp

株式会社インテック ネットワークアウトソーシング事業本部 事業推進部 担当:神保
TEL:045-451-2398 E-Mailnet_info@intec.co.jp

配信元企業:TIS株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ