代替テキスト

2003年、英国で食料品店を営むエヴァドニー・ゲイルさん(67)がカジノで30万ポンド(約4,200万円)のジャックポットを引き当てた。ゲイルさんは昨年、生まれ故郷のジャマイカに家を建てるという長年の夢を叶え、ついに心躍る新生活をスタート。しかし、引っ越したわずか3週間後に、彼女が何者かに殺害されていたことがこのほどわかった。英Sun紙が伝えている。

ゲイルさんは’03年に1ポンドの掛け金で史上最高額となる賞金を当て、メディアに大きく報じられていた。バーミンガムに構えたゲイルさんの店は地元住民に人気があり、常連だったという女性は「彼女はちゃんとしたビジネスパーソンでした。おしゃべりで、人気者で、彼女のお店は出会いの場でしたよ」と語る。

昨年11月17日、ゲイルさんは自宅で遺体となって近親者により発見された。当局は顔見知りの犯行として、現在捜査を行っているという。