2月16日、舞台「浪漫活劇譚『艶漢』第四夜」のゲネプロが新宿・シアターサンモールにて行なわれた。また、出演者の櫻井圭登、末原拓馬、三上 俊、小沼将太、岡田あがさ、松島志歩、青木志穏、芹沢尚哉、坂下陽春、加藤良輔らが初日を迎えての意気込みを語った。

 原作である尚 月地の大人気漫画『艶漢』は、ノーフン(フンドシはいていないこと)がちで柳腰の美少年で傘職人の吉原詩郎と、熱血正義漢の巡査殿・山田光路郎、そして詩郎の兄貴分で無敵な色気を放つ吉原安里の物語を軸にした、エログロナンセンスアンダーグラウンド事件簿。ミステリーありメロドラマありギャグありの波乱万丈なストーリーが独特の演出で展開する。

 舞台版は2016年3月に浪漫活劇譚『艶漢』、2017年12月に浪漫活劇譚『艶漢』第二夜、2019年4月に浪漫活劇譚『艶漢』第三夜を上演。実写化不可能といわれた原作の世界を、ほさかようの脚本・演出をはじめ、殺陣×舞台美術×衣装×メイク×役者の演技力で見事に表現し、再現度の高さが話題となった。

 今作では、原作でも人気の「水劇」のエピソードが登場。詩郎と光路郎は旅の道中で、光路郎の幼なじみである大太刀一平に遭遇し、人魚に扮した演者が水中で行なう「水劇」の観劇に誘われる。そこで、花形女優である鏡湖が劇団の誰かに脅迫されていることが発覚し、物語は物語は急変していく。美しい殺陣の戦闘シーンも健在、さらに「水劇」のきらびやかな演出も注目だ。

 ゲネプロ前には囲み取材が行なわれ、出演者たちが今作への思いを語った。大太刀一平役の小沼将太は、「作品自体にシリアスな部分があるので、僕みたいな明るい役が入ってお客さんを和ませたいです」と元気よくコメント

 吉原安里役の三上 俊は、「初夜から二夜、三夜と前作を超えようとがんばってきましたが、第四夜は別のベクトルでものすごい作品になったんじゃないかと。第五夜、第六夜を見据えての第四夜。第三夜までは必ず超え、皆さんに楽しんでいただけるよう全力で努めたいと思います」と作品にかける熱い思いを話す。

 山田光路郎役の末原拓馬は「これまで続いてきたことをさらに続けるために『今までのことを断ち切る』のが僕らの挑戦でした。『艶漢』は多彩なもので組み上がっているのですが、我々が『ここは成功する』と思っていない面を掘り下げるという作業を一からやってみて、我々なりにたどり着いて初日にいると思っています」と力強く語る。

 吉原詩郎役の櫻井圭登は、「こうして再び詩郎として帰って来ることができて幸せです。『艶漢』クオリティはもちろんですが、このカンパニーでしかできないことができているかと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。初演から詩郎を演じさせていただいていますが、今まで支えてくださった皆さまに感謝の気持ちを込めて詩郎を演じ切りたいと思います」と決意に満ちた言葉でしめくくった。

 「浪漫活劇譚『艶漢』第四夜」は新宿・シアターサンモールにて2月16日から3月1日(日)まで上演中。全キャストが全力で挑む『艶漢』ワールドをお見逃しなく。

カメラマン:鏡田伸幸

公演情報
■浪漫活劇譚『艶漢』第四夜
原作:尚 月地『艶漢』/「ウィングス」連載中(株式会社 新書館) 
脚本・演出:ほさかよう(空想組曲) 
企画・制作:CLIE
劇場:新宿・シアターサンモー
公演日程:2020年2月16日(日)~3月1日(日)
<出演>
吉原詩郎役:櫻井圭登
山田光路郎役:末原拓馬(おぼんろ)
吉原安里役:三上 俊
大太刀一平役:小沼将太
鏡湖役:岡田あがさ
虹海役:松島志歩
花魚役:青木志穏
漁火役:芹沢尚哉
水稚役:坂下陽春
潮見役:加藤良輔

公式サイト
http://www.clie.asia/adekan/

Ⓒ尚 月地/新書館 Ⓒ尚 月地/幻灯署活劇支部

OLYMPUS DIGITAL CAMERA