4人組アイドルグループ「CRAYONS(クレヨンズ)」の月1恒例の定期ライブ「CRAYONSファミリー定期公演 vol.12」が、東京・浅草橋マンホールで行われ、ホストのCRAYONSを筆頭に、CRAYONS練習生「庭山やすえ」「百鬼乙女」「レプスルプス」が登場した。

【写真を見る】ラブリーな演出にファンも酔いしれた

トップバッターは庭山やすえ。今回は、開催日当日がバレンタインということもあり、オレンジを基色にしたメードチックなかわいらしい衣装をまとって登場。

2番手は、5人組(出演は4人、1人はライブお休み中)のアイドルグループ「百鬼乙女」。出演メンバーは神埼琉奈、一色里歌子、大石麗華、櫻城姫奈ら。

百“鬼”を名乗るだけあって、トラ柄のスカーフとスカートがラムちゃんらしさも醸し出しているが、そのパフォーマンスは、青SHUN学園がまだ、青春女子学園だったころの勢いと躍動感を体現しているかのような、熱いものに。

■ 3番手はCRAYONS

3番手はホストのCRAYONS。4人の衣装は、チョコ色のメード風のかわいらしいもの。恵比原愛莉セレクトということだが、当の本人は「あまり好みではない」らしい。

まずは、今回の新曲となる「vault!!」(ボルツ)を披露。飛翔や飛躍といった意味があるそうだが、テーマとしては学校の跳び箱イメージしたものらしい。

ミドルテンポで、とにかく明るくて元気が出てきそうな楽曲に仕上がっており、ある意味「びょんびょんBEYOND!」よりも、キャッチーなメロディーに感じる。途中サビ的な部分に入る叫び声に近い合いの手もにぎやかで楽しげだ。

バレンタインスペシャル

そして今回の庭山(やすす)コラボは、バレンタインスペシャルということで、庭山+CRAYONSという5人編成。

庭山は、先ほどの衣装からCRAYONSと同じチョコメード着替えており、キュートな美女によるペンタユニットという雰囲気。

カバーするのは、80年代に大ヒットした、バレンタインにちなんだ曲だ。振りもきれいに決まっており、今回一度限りで終わってしまうのがもったいないほど。

■ 4番手はレプスルプス

4番手はアイドルグループ「レプスルプス」だ。メンバーは郷咲あやね、美鈴あおい、百咲ねねか、半澤みよこの4人。

中でも百咲は、演劇カンパニーアリスインプロジェクトの2月公演「Dance Dance Dance Dark Dungeon Ver.」で見事、バスケ部の“最終兵器”を演じており、郷咲とともに、女優らしさも充分なパフォーマンスを見せてくれた。

ステージでは、終わりゆく夏を惜しむような雰囲気の「醒めないで入道雲」から、「Logic」「ギュッとして」「BOKUTACHI」そして「まわるんだ」と続けて歌唱。

どの曲も雰囲気があり、中でも郷咲のソロパートは、よく通る歌声で、歌い上げるような歌い方が、聞くものの耳に染み入り、まるで歌姫のような存在感が見事であり、郷咲の女優としての一面も存分に楽しめるものだった。(ザテレビジョン

CRAYONSファミリー定期公演 vol.12