エルリング・ホランド 写真提供:Gettyimages

 今冬、レッドブルザルツブルクからボルシア・ドルトムントに移籍したノルウェー代表FWエルリング・ホランドチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのパリ・サンジェルマン戦で2ゴールを記録した。

 この日、先発出場を果たしたホランドは69分と77分にゴールを記録。このホランドゴールで2-1の勝利に貢献した。これでホランドは今季のCL7試合で10ゴールを記録。これで今大会得点ランキング首位に立っていたバイエルン・ミュンヘンポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキに並ぶゴール数となった。

 なお、ホランドドルトムント移籍後6試合で10ゴール。1試合平均約1.6ゴールという驚異的なペースゴールを奪っており、ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが記録した1シーズンのCL最多得点記録17ゴールを抜く可能性も浮上している。果たして、ホランドはどこまでゴール数を伸ばすことが出来るだろうか。