週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載中の、和久井健氏が手掛ける人気コミック「東京卍リベンジャーズ」が、「東京リベンジャーズ」のタイトルで実写映画化されることがわかった。どん底人生を送るフリーター主人公が逃げ続けてきた人生を変え、タイムリープを通して成長していくさまを描いた原作は、シリーズ累計発行部数300万部を突破している。

最低な日々を送るダメフリーター・花垣武道(タケミチ)はある日、ヤンキーだった学生時代に交際していた人生唯一の彼女・橘ヒナタとその弟・ナオトが、関東最凶の組織「東京卍曾」に殺されてしまったことを知る。翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落し、死を覚悟した瞬間、10年前にタイムスリップしてしまう。タケミチが「10年後ヒナタは殺される」と警告したことで未来が変わり、ナオトは死を避け10年後に刑事となっていたが、ヒナタは救えなかった。現代に帰ってきた武道は、ナオトから「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる。力を貸して欲しい!」と持ちかけられる。タイムリープの方法は、現代あるいは過去にいるナオトと握手することだった。

あわせて、原作冒頭シーンとのコラボカットもお披露目され、映画化の一報に驚くタケミチの姿が描かれている。「新宿スワン」などでも知られる原作者の和久井氏は、「キャストの皆さんのお名前を聞いた瞬間に、スクリーン上のタケミチ達のイメージがすぐに浮かんで震えました!! ぜひ公開を楽しみにしていてください!!」と喜びを語る。

岡田翔太プロデューサーは、「ずっと、『誰もがアツくなれるカッコいい映画を作りたい!』と思いながらマガジンを読んでいて、『東京リベンジャーズ』の連載が始まった瞬間『これしかない!!』と大興奮したのをいまだに覚えています」と述懐。そして、「『えー! 誰があのキャラやるの!?』と気になっている皆様、もうほんの少しだけお待ちください。本当にカッコいい最強のキャストスタッフ陣で絶賛製作中です!」と、まだ明らかになっていないキャスト発表への期待をあおった。

「東京リベンジャーズ」は、今秋に全国公開。

原作冒頭シーンとのコラボカットもお披露目 (C)2020「東京リベンジャーズ」製作委員会