俳優ハリソン・フォードの最新作『野性の呼び声』より、犬と猫合わせて17匹を飼っているという動物好きなタレント坂上忍が、本作の感動ポイントを語る特別映像が解禁された。

【写真】大の犬好きで知られる「坂上忍」

 本作は、米国を代表する作家ジャックロンドンの名作冒険小説を基に、地図にない地を目指し旅する男ソーントンと奇跡の名犬バックの出会い、そして言葉の壁を超えた友情と冒険を描くアドベンチャー作品。

 監督は、ディズニーアニメーションで『ライオン・キング』『アラジン』『美女と野獣』などの名作を生み出してきたクリエイタークリスサンダース。自身の監督作『リロ・アンド・スティッチ』では“愛を知らないエイリアン”と“両親を亡くし愛を失った女の子”、『ヒックとドラゴン』では“ひ弱で弱気なバイキングの少年”と“伝説のドラゴン”の友情といった<言葉の壁を軽々と超えた絆>を描いてきた。本作が実写デビュー作となる。

 たった独りで孤独な旅を続ける男・ソーントン(ハリソン・フォード)と、数奇な運命で犬ぞりの先導犬となった名犬バックとの“出会い”と“絆”を描く感動の物語に、特別映像で坂上は開口一番「ズルいなぁ!!」。愛犬パグゾウくんを抱きかかえながら「犬好きの僕にこれ観せる!?」と興奮気味に語る坂上は、ソーントンとバックの“言葉の壁を越えた絆”と壮大な冒険に心を打たれた様子で、思わず「旅に出る?」とパグゾウくんに問いかけた。歯に衣着せぬ発言で人気の坂上らしい、感動がストレートに伝わる心温まる特別映像となっている。

 犬14匹、猫3匹、計17匹の動物を飼っているという坂上は、「動物絡みの作品は、ほぼ100%観ていると思います」と語るほどの動物映画通。本作でのCGで描かれた動物に「ちょっとビックリしました。これがCGだとは思いもしなかった。特にまばたきや間などのバックの表情がとてもリアルでした。犬は言葉が話せない分、見つめ方などのちょっとした仕草で意思表示をするので、それがすごくうまく描かれていた」と語り、やはりバックに心を奪われたことを明かす。

 苦しんでいる犬や猫を保護する施設を作るため、最近土地を買ったという坂上。「僕の生活は動物無しには成立しないので、いろんな意味で恩返しもしなきゃいけない」と語り、優しい笑顔を見せながらも、バックとの冒険に挑む劇中のソーントンのような固い決意を表した。

 映画『野性の呼び声』は2月28日より全国公開。

映画『野性の呼び声』の感動ポイントを語る坂上忍と愛犬のパグゾウくん (C)2020 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.