タピオカミルクティーブーム沈静化以降も、引き続いて流行しているのはもちもち感を特徴にしたスイーツ。そんなもち系スイーツ菓子として人気の「もちもちショコラナッシュ」からスピンアウト誕生したのが『もちもちショコラミルクティー味』だ。餅感と紅茶感とチョコ感。果たしてどんな味に仕上がっているのか。

 

紙製ピックでつついて食べる、信玄餅ライクで手が汚れないところもいいね!

もちもち感とひと口に言っても、実はその食感を出すためにはさまざまな方法がある。こんにゃく粉を使ったり、タピオカ粉に頼ったり、素材によってだいぶニュアンスが変わってくるものだ。

ではこのブルボン『もちもちショコラミルクティー味』(4個×2袋・希望小売価格 税抜200円2020年2月4日発売)は何を使っているかというと、もち粉である。そう、本物のもち粉を使っているのだから、そのもちもち感に妥協は必要ない。それを紅茶味に仕上げている。

一方チョコ部分はというと、ガナッシュである。いわゆる柔らか食感で定評のある生チョコである。それを今回はミルクティー風味で仕上げている。つまりもち×生チョコ×ミルクティーという組み合わせである。正直想像できそうで、あまり想像できなかった。

箱を開けると2袋構成になっており、それぞれ4個ずつ入っている。袋を開けるとミルクティーカラーの丸い物体登場。そして気の利いたことに、紙製のピックがついている。信玄餅みたい。

つまり手を汚さないまま、突き刺して食べることができるのだ。これは楽しい。パクっと口に入れてみると、しっかりとした餅のもちもち食感。そして噛むと出てくるたっぷりのガナッシュがとろけ出てくる。予想より多め。

そして甘みの嵐の中、自然にミルクティー風味が漂ってくる。このミルクティー風味というものはけっこうクセがあるので、あまりきつすぎると食べにくいものだが、これは割と自然な印象だ。

もっちもちー!

ただ、かなり、甘い。1、2個まではいいが、3個すぎるとけっこう記者は厳しかった。でも生粋の甘党なら大丈夫なのかな。

入手は全国のコンビニエンスストア、量販店、ドラッグストアなどで可能だ。

 

 

 

 

【もちもちスイーツ菓子】餅とチョコ、紅茶が合体! 『もちもちショコラミルクティー味』はどんな味?