iStock-1184804468_e

Madrolly/iStock

 病院での採血は基本的に医師か看護師、臨床検査技師などが行っているが、時に失敗が生じることがある。特に患者の血管が細かったり固かったり、皮下脂肪が多かったりする場合に起こりやすいのだが、何度もグリグリ針を刺されるのはちょっとうんざりだ。

 なるべく経験豊かで上手な人にお願いしたいのだが状況的にそれが許されない場合もある。だがこの問題が解決する未来が来るかもしれない。

 将来的に、ロボットが安全確実に一発であなたの血管から血を抜き取ってくれるようになるかもしれないのだ。

―あわせて読みたい―

AIの恩恵で数十年以内に、1000歳まで生きる人類が登場するかもしれない(米AI技術者)
ブドウの手術が行われただと?医療用ロボットハンドでブドウのオペを行う動画が話題に
子供の声から不安やうつの兆候を感知するAIが開発される(米研究)
アメリカでは過去15年間で、約400件の「無駄な医療行為」が行われていたことが判明
医療用AI(人工知能)の画像診断技能は人間医師に匹敵することが明らかに(英研究)

超音波による画像誘導装置で採血成功に導く

 アメリカ、ラトガース大学の研究グループが開発した採血ロボットは、超音波による画像誘導装置をガイドにして採血を行う。

 血液サンプルを取り扱うモジュールと遠心分離機式血液解析機が搭載されており、ベッドでも、診察室でも、救急車の中でも、緊急治療室でも、さまざまな場所で利用することができる。

 『Technology』に掲載された実験結果によれば、被験者31名に対する全体的な採血の成功率は87パーセント。採血しやすい血管の被験者25名に限って言えば、97パーセントだったとのことだ。

1_e2

Unnati Chauhan

一般的でありながら実は結構難しい採血技術


 針を使った静脈からの採血は、世界の医療の現場で一番よく行われている診断法で、たとえばアメリカなら年に14億回以上行われているそうだ。

 しかし患者によっては血管が細く見えにくい人もいる。そのようなはっきり静脈を視認できない患者での採血の失敗率は27パーセントで、さらに皮下脂肪が多く静脈を触診できない患者は40パーセント、衰弱して痩せた患者では60パーセントにもなるという。

 繰り返し採血に失敗すると静脈炎、血栓症、感染症のリスクを高めるほか、どうしても無理であればよりコストリスクも高い大静脈や動脈からの採血を検討しなくてはならなくなる。

 このために静脈からの採血は、患者にとっても医師にとっても主要な怪我の原因だ。

 それだけでなく、下手をすると採血に1時間も手間取るといったケースもあり、そのための人件費などのコスト増は、アメリカでは年4400億円相当にも上ると試算されている。

iStock-1160071085_e

Madrolly/iStock

将来的には静脈内カテーテルや透析への応用も


 「私たちが開発したような装置は、安全迅速かつ確実な採血ができるよう医療関係者をサポートし、何度も針を刺して患者に無用な合併症や痛みを与えるような事態を防ぎます」と、アメリカ、ラトガース大学博士課程の学生ジョシュ・ライプハイマー氏は話す。

 将来的には、静脈内カテーテル、中心静脈アクセスカテーテル、透析、動脈ラインといった手技にも応用できるかもしれない。

 次のステップは、静脈をとることが難しい患者での成功率を上げることだ。今回の研究データを採血ロボットのAIに入力し、性能アップが試みられるとのことだ。

References:New Robot Does Superior Job Sampling Blood | Rutgers Today/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52288012.html
 

こちらもオススメ!

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

人間の操縦する航空機の守備を担う無人のドローン戦闘機、今年後半にテスト飛行予定(オーストラリア)
あの犬型ロボット「スポット」が、石油採掘場で運用試験。しっかりノルマをこなしていたよ。
脳のごくわずかな領域に「意識のエンジン」が発見される(米研究)
人間の脳は自分が信じている考えを正当化するためにデータを歪めて記憶する(米研究)
免疫細胞は周りの仲間の様子を見てから外敵に攻撃を仕掛けるかどうかを決めていた(米研究)

―知るの紹介記事―

人間の操縦する航空機の守備を担う無人のドローン戦闘機、今年後半にテスト飛行予定(オーストラリア)
20年間目が見えなかった男性が、交通事故後に視力を取り戻すという奇跡(ポーランド)
仲間探して3千里以上。14020kmもの距離をたった1匹で旅した孤独な狼の物語(アメリカ)
犬専用の移動販売車が登場。散歩中の犬たちに手作りの犬用おやつを(アメリカ)
原型をとどめていない!シボレー車を狙った窃盗犯の盗みっぷりがすごい(アメリカ)
採血の失敗から解放されるかも。一発で決めてくれる採血上手なロボットが誕生(米研究)