株式会社アイリックコーポレーション(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本竜二、証券コード:7325、以下「アイリックコーポレーション」)は、100%子会社である株式会社インフォディオ(代表取締役:勝本伸弘、以下「当社」)がサービス提供する「スマートOCR」とSalesforceをデータ連携するアプリ「スマートOCR for Salesforce」をSalesforce appexchange サイトに公開し、2020年2月19日より提供開始いたしました。

当社がサービス提供する「スマートOCR」は、複数のフォーマットが存在する請求書や注文書などの非定型帳票に対応したAI-OCRサービスです。

「スマートOCR for Salesforce」をSalesforceにインストールすることで、「スマートOCR」で読み込んだOCRデータをSalesforceに一括してデータ登録することが可能となります。

「スマートOCR請求書」パッケージを利用すると、あらかじめ請求書の設定が用意されており、様々な形式の請求書、注文書等のOCRが可能です。Salesforceに「スマートOCR for Salesforce」インストールすれば、請求書(基本項目/明細)オブジェクトインストールされ、「スマートOCR請求書」で取り込んだOCRデータをSalesforceの請求書オブジェクトに一括登録できます。

また、「スマートOCR」で帳票種類ごとにテンプレートを作成することで、請求書に限らず保険証券、決算書、源泉徴収票、免許証などあらゆる帳票のOCRも可能となり、Salesforceの任意のオブジェクトデータ登録することが可能です。


オブジェクトリレーション》
Salesforceデータ連携時にオブジェクトリレーションを作成することが可能です。
たとえば、請求書データを請求書オブジェクトに登録する際に、請求書内に記載されている会社名をもとに、取引先オブジェクトと紐付けて登録することが可能です。

《マスタ連携機能》
Salesforceにある任意のオブジェクトから「スマートOCR」のマスタ機能にデータ取り込みができます。マスタ機能を利用して、OCR結果データからマスタに設定されるコード等の連携が可能です。たとえば、マスタ機能を利用すれば、OCRした「会社名」から「会社コード」を自動表示することができます。

《標準価格》
アプリ初期設定費用10万円、アプリ利用料として「スマートOCR」の月額利用料の25%
本製品は、当社およびアイリックコーポレーションの両社にて販売を行います。


【詳細】
https://www.smartocr.jp/technology/salesforce/

【お問い合わせ先】
本製品についての詳細につきましては、以下よりお問い合わせください。
お問合せフォーム: https://www.smartocr.jp/contact/salesforce/

メール: salesforce@irrc.co.jp
お電話: 株式会社アイリックコーポレーション 03-5840-9554
株式会社インフォディオ 03-5840-9051 (マーケティング企画部 担当者 宛

配信元企業:株式会社インフォディオ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ