エルリング・ホランド 写真提供: Gettyimages

 ボルシア・ドルトムントは18日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでホームパリ・サンジェルマンと対戦。ノルウェー代表FWエルリング・ホランドの2ゴールにより2-1で勝利を収めた。ドルトムントで衝撃的な活躍を見せているホランドだが、19日、イタリア紙『カルチョメルカート』はホランドユベントスを選ばなかった理由を伝えている。

 ホランドドルトムントに加入後、公式戦7試合で11得点を記録。移籍後も圧倒的な記録を残し続けているホランドだが、同選手にはユベントスマンチェスター・ユナイテッドからのオファーも届いていた。

 イタリア紙『カルチョメルカート』はホランドドルトムントを選んだ理由について、エコノミックや契約内容で選択せず、自然的な選択をしたと評価。同選手は毎試合での先発出場を重要視していたようだ。

 また、ホランドユベントスの自身に対する評価に好印象を抱いていたが、ゴンサロ・イグアインパウロ・ディバラといったビッグネームに先発出場の機会が保証されていないクラブへの移籍は拒むように代理人であるミノ・ライオラ氏に伝えていたようだ。

 結果的にはドルトムントへと移籍したホランド。爆発的な活躍で数々の記録を更新中の同選手だが、今後の活躍にも期待できそうだ。