気になる男性との仲をグッと深めるためには、デートをすることが何よりも大事です。

だからこそ、デートに誘われやすくなるポイントを抑えておくと、恋が始まりやすくもなるかもしれません。

そこで今回は、男性から“デートに誘われる”ためのコツを紹介します。

「一緒にいると楽しい」と伝える

例えば、気になる男性と会話で盛り上がったあとなどに、「○○くんといると楽しいな」とさりげなくつぶやく。

これは男性をドキッとさせることができますし、それとなく好意を感じさせる効果もあるでしょう。

また、自分との時間を楽しんでくれる女性だということがわかったら、一気にデートにも誘いやすくなります。

「もっともっと楽しい時間を過ごしたい」と、ワクワクしながら食事や遊びなどのデートプランを練ってくれるはずですよ。

スケジュールがパンパン」な感じは出さない

いつも忙しそうにしている女性に対しては、誘いたいと思っていても声をかける隙が見つけられません。

「誘ったところで断られそう」とか「忙しいのに声をかけたら迷惑になりそう」などと男性は感じるもの。

仕事に趣味に遊びにと、とにかくスケジュールがパンパンなイメージを持たれると、誘われる確率は大きく下がってしまいます。

「来週以降は仕事も落ち着く」「土曜日は暇をしていることが多い」といった情報もさりげなく伝えておくと、男性も誘いやすくなるでしょう。

“完全フリー”だと教える

彼氏がいないのかどうかがわからない状態では、男性はかなり誘いづらいものです。

また、たとえ彼氏がいなくても、好きな男性やいい雰囲気になっている男性がいないのかも気になるところ。

そういった他の男性の存在を感じることがない“完全フリー”な女性だと、男性も「声をかけてみようかな」という気持ちになりやすいでしょう。

気になる男性には、彼氏がいないということはなるべく早めに伝えておくと、それだけで関係性が一歩前進するはずですよ。

リアクションはきちんと取る

男性がデートに気軽に誘える女性というのは、一緒にいて気さくに盛り上がれる女性です。

自分の話にいつもリアクションを取ってくれて、ふたりで笑い合えたりするような女性なら「お酒でも飲みながら話したい」なんて気持ちにもなるもの。

また、自分がボケたときにツッコんでくれたり、ちゃんと冗談が通じたりするというのも、男性からすると誘いたくなる大きなポイントであるかも。

きちんとリアクションがあると、男性は話していて楽しくなっていく一方。

あなたの好感度も間違いなくどんどん上がっていきますよ。

おわりに

「断られるかもしれない」という気持ちが消えないと、男性はなかなか女性をデートに誘うことができません。

そのため、女性側からも好意を多少は示してあげられると、誘われる確率もアップするはずですよ。

(山田周平/ライター

(愛カツ編集部)