■誰でも参加できる「じゃんけんグリコ」の大会『JANKEN GLICO 2020』の開催が決定! 同大会を告知するWEB動画も公開!

【動画】『じゃんけんグリコ』TVCM(60秒)/WEB動画「参加説明」篇/「撮影前オフショット」篇/「対決」篇

江崎グリコが、新TVCMじゃんけんグリコ開幕』篇(15秒/30秒/60秒)を2月24日から全国で放送を開始する。
この新TVCMでは、綾瀬はるかをはじめ、妻夫木聡藤原竜也深田恭子松山ケンイチ高畑充希、池松壮亮ら、創立60周年のホリプロ所属タレント12人が一堂に会し、「グリコ」「チヨコレイト」「パイナツプル」というフレーズでおなじみの“じゃんけんグリコ”を「思いっきり身体を動かして、思いっきり笑うスポーツ」としている。

また、全国の誰もが参加できる大会『JANKEN GLICO 2020』の本戦大会を5月に都内で開催。大会に参加するには「1.動画投稿」「2.地区予選」「3.WEBエントリー」の3つの方法があり、WEBエントリーは2月20日から募集を開始。大会のスケジュールは決定次第、発表される。同大会を告知するWEB動画(「参加説明」篇/「撮影前オフショット」篇/「対決」篇)は、TVCMと同日からYouTubeグリコ公式チャンネルにて順次公開される。

TVCMじゃんけんグリコ開幕』篇・登場メンバー
綾瀬はるか
1985年3月24日生まれ広島県出身
藤原竜也
1982年5月15日生まれ埼玉県出身
松山ケンイチ
1985年3月5日生まれ青森県出身
◇池松壮亮
1990年7月9日生まれ福岡県出身
足立梨花
1992年10月16日生まれ長崎県出身
◇井上祐貴
1996年6月6日生まれ広島県出身
妻夫木聡
1980年12月13日生まれ福岡県出身
深田恭子
1982年11月2日生まれ東京都出身
高畑充希
1991年12月14日生まれ大阪府出身
◇大貫勇輔
1988年8月31日生まれ神奈川県出身
佐野ひなこ
1994年10月13日生まれ東京都出身
関水渚
1998年6月5日生まれ神奈川県出身

【撮影エピソード
■男女対抗戦で行われる真剣勝負をカメラ15台で収録
多くの人たちが、子どもの頃から慣れ親しんだ「じゃんけんグリコ」というスポーツを、真剣勝負の競技にし、出演者全員、本気で勝ちに行く姿を描いた今回のCM。その“ガチンコ感”をより引き立てるため、当日は綾瀬率いる紅組と、妻夫木率いる白組に6人ずつ分かれて男女対抗戦を行い、全15台(全体用の3台+個人用の12台)のカメラで、試合中のメンバーの一挙手一投足を撮影した。

■紅組リーダーの天真爛漫なNGに、白組リーダーからツッコミ
全員で「じゃんけんグリコ」をする際、「最初はグー」に続いて、「チョチョイのチョキ、行こうぜパーッと、じゃんけんポン!」というオリジナルの掛け声で対決。なかなかそのフレーズが頭の中に入ってこなかった綾瀬が、「ガッツリパーッと」と言い間違えてしまい、「それは、撮影が終わったあとに“ガッツリパーッと”行ってください!」とすかさずツッコミを入れた妻夫木。リーダー同士のユニークな掛け合いが見られた。

■全6回戦の「じゃんけんグリコ」対決で優勝チームを決定!
ルールは、司会者とじゃんけん勝負をして、いちばん早く階段のてっぺんにたどり着いた人が100ポイントを獲得し、それ以外は各自、段数に応じてポイントが加算されるというもの。全6回戦の合計点数をチームで競った。開幕戦は大貫、第2戦目は松山が優勝し、序盤は白組優勢で進んだものの、第3戦、第4戦に足立が連勝したことで、徐々に紅組が挽回。勝者のポイントが倍増される特別ルールが追加された第5戦では、綾瀬、妻夫木、佐野、井上、関水が同時優勝を果たすと、最終戦は、またしても大貫が優勝し、勝負の行方はまったくわからなくなった。

■見事白組の勝利も、チーム内で足を引っ張った意外な人物とは…
団体戦の最終結果は、1400対1184で白組の優勝。個人成績でも妻夫木、大貫、井上の男性陣が13位を独占する完全制覇に、リーダーの妻夫木は「いえい!」と両手を上げ、同じく勝利に貢献した松山、池松らとハイタッチを交わした。そんな中、ひとり申し訳なさそうな表情だったのは、個人戦でダントツの最下位を記録した藤原。自身が映画『カイジ』で演じた主人公の勝負強いキャラクターとは裏腹の結果に、しきりに苦笑いを浮かべる意外な(?)ひと幕があった。

■12人の豪華メンバーが集結! 綾瀬&深田の仲良し場面も
カメラセッティング中は、子どもの頃に遊んだ「じゃんけんグリコ」の思い出話や、お互いの近況報告に花を咲かせていた出演者たち。同じ事務所に所属しているとはいえ、これほどの豪華メンバーが撮影で一堂に会する機会は珍しく、綾瀬と深田が仲良く階段を下りたり、NGを出してしまった妻夫木に藤原がツッコミを入れたりなど、会場のあちこちから楽しそうな会話や笑い声が聞こえてくる、とても華やかかつにぎやかな現場となった。

■綾瀬の思わぬ勘違いに、周りのメンバーから総ツッコミ
WEB動画「撮影前オフショット」篇の撮影中、自撮り棒付きのスマホを持って現れた綾瀬。「みんなで“グリコ”って言ってね」という綾瀬の提案を受けて、思い思いの笑顔とポーズで集合写真を撮影した。その直後、綾瀬が撮った写真をみんなに見せようとするが、どう操作しても静止画が表示されない。それもそのはず、スマホで実際に撮っていたのは、あくまでも動画で、ようやく気付いた綾瀬が「動画みたいです……アハハハ」と明かすと、「ホントだ!」「マジで!?」「なんだよ~」という声が聞こえてきて、現場は大爆笑となった。













キャンペーンサイト
https://cp.glico.com/janken/https://cp.glico.com/janken/

YouTube Glico 公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/glicowebnet
(M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! Press