近年、首都圏大手私鉄では通勤時間帯の着席ニーズに応えるべく、様々な有料列車が設定されている。例えば、東武鉄道は特急形電車による特急〈スカイツリーライナー〉〈アーバンパークライナー〉、京王電鉄は簡易優等車両による〈京王ライナー〉など。

ライナー1930号
特急と同じ停車駅でありながら、全車指定席のためライナーという種別に
 関西でも着席ニーズが高いようで、特に京阪電気鉄道(以下、京阪)は2017年に8000系エレガントサルーンの6号車が指定席プレミアムカーに改造されたほか、特急と停車駅が同じながら、全車指定席の有料列車「ライナー」という種別を設定した。

 特急とはひと味違うライナーに乗ってみよう。

ロングシートも指定席

ライナー1930号
8000系エレガントサルーンロングシート。車両リニューアルに伴い、セミクロスシート化改造された
 朝10時40分頃、京阪本線淀屋橋駅プレミアムカー券/ライナー券うりばで、淀屋橋19時03分発のライナー券を求めると、係員は希望車両をきき、私は「先頭車」と即答。すると、1号車のシートマップを用意し、私に見せる。これはプレミアムカーの窓口購入と同じ手法だ。見ると、ロングシートも指定席の対象に入っている(補助席は対象外)。

ライナー1930号
先頭車の2列分は展望席
 この時間、すでに埋まっているのは1D席のみ。1・2番のC・D席は“終日全区間展望席”で、夜間やトンネル内でも前面展望が楽しめるのだ。特に1番席は基本的に特急の始発駅で埋まることが多く、ライナーなら途中駅からでも思う存分楽しめる。

ライナー1930号
プレミアムカーは2人掛けと1人掛けが並ぶ
 ライナー料金は距離によって300円と380円に分かれる。例えば、淀屋橋―京橋間の各駅から乗車した場合、樟葉まで300円、樟葉から先は380円である。なお、プレミアムカーはプレミアムカー料金(400円もしくは500円)が適用される。また、上下列車とも乗車専用区間、ライナー券なしでも乗降できる区間がある。

 プレミアムカーと同様、指定席利用のため、券面には「ライナー1930号」と明記されている。「1930」というのは、列車番号B1930Zのことである。

夕ラッシュの淀屋橋は各列車整列乗車を実施

ライナー1930号
大手私鉄は広大なターミナルを擁する駅が多い中、京阪の淀屋橋は手狭な感がある
 18時過ぎ、再び淀屋橋へ。1日の平均乗降客数が11万557人で、京阪では京橋(17万7408人)に次ぐ多さだ。ホームはたった1面で、列車は2~4番線から発車する。

 1・4番線は同じ線路上にあり、Osaka Metro御堂筋線淀屋橋駅寄りは4番線、京橋寄りを1番線としている(1番線から発車する列車はほとんどない)。

 列車がおもに発着する3・4番線は長蛇の列。京阪は列車が入線したあと、一旦乗降用ドアを閉め、再び開ける整列乗車を実施しており、混乱を防いでいる。

 京阪本線及び鴨東線の特急は8両編成に対し、各駅停車や準急の多くはホーム有効長の関係から7両編成で運転されており、8両編成に統一できないのがネックといえよう。

同じ車両なのに雰囲気が異なる

ライナー1930号
特急列車ではないため、ハトの特急マークが表示されない
 18時56分、4番線にライナー1930号出町柳行きが入線。乗客を全員降車させたあと、車掌の操作により、転換クロスシートの向きが一斉に変わる。先頭車の前面はハトの特急マークが黒幕に変わり、違和感を持つ。せっかくの有料列車なのだから、ライナー用のヘッドマークが欲しいところ。

ライナー1930号

 乗降用ドアは偶数号車のみ開き、奇数号車は丹波橋まで締め切り。駅員が乗車前にライナー券をチェックするかと思っていたが、立っていない。乗客の良心を信じているようだ。

ライナー1930号
快適な転換クロスシート
 事前の案内通り、2号車から乗ったあと、隣の1号車に移動する。車内はガラガラで、なぜか張り詰めた空気を感じる。転換クロスシートの一部は向きが中途半端な状態で、係員が修正する。特急なら乗客が気にせず修正する姿を見るが、“有料列車である以上、乗客にお手数をかけさせるわけにはいかない”という緊張感が表れている。

 19時00分、通勤形電車充当(この日は6000系)の特急出町柳行きが発車。車両運用の都合もあると思うが、ロングシートにすることで乗客をライナーに向けさせようという意図があると思う。

 しかし、改札の内外にプレミアムカーを含めた指定席券売機がないので、急な予定変更に対応できない。“気軽に買える、利用できる”環境づくりが必要である。窓口購入やプレミアムカークラブという専用サイト(要会員登録、クレジットカード決済)だけでは心もとない。

1号車の乗客はたった13人

 ライナー1930号出町柳行きは、定刻通り19時03分に発車。北浜、天満橋で若干乗り込む。特に天満橋ライナーの常連客と思われる女性が2人乗り、隣の席にバッグを置いたあと防寒着を脱ぐ、カーテンを引くなどして“自分の城”を築く。

 地下を抜け、寝屋川信号所まで複々線となり、京橋へ。ここで多く乗ってくるものと思っていたが、意外と入ってこない。停車中、運転士は車内を覗き、ガラガラの車内をどう感じただろうか。その後、乗務員室ドアの窓を開け、身を乗り出しホームの安全確認を行なう。関西の鉄道は運転士ホームの安全確認をしており、事故防止に努めている。

ライナー1930号
ガラガラの車内
 京橋を定刻より1分遅れの19時12分に発車。1号車の乗客は私を含め13人(すべて転換クロスシートに着席)、乗車率24%というガラガラプレミアムカーの男性アテンダントが車内に入り、タブレット端末で席のチェックをする。さいわいライナー券なしで乗った乗客はひとりもいない。

 その後、車掌も巡回する。ガラガラでおしゃべりも一切ないせいか、モーターのうねりが車内に大きく響き渡る。

ガラガラのまま終点出町柳へ

 定刻通り19時28分、枚方市に到着し2分停車。先行列車に接近し過ぎないことや、降りる乗客が降りそこねないよう配慮したのだろう。1号車では、ここで降りる乗客2人が足早に2号車へ向かった。また、ここから1人乗車した。乗客の側としては、1人で2席分を思い通りに使える最高の列車だろうが、運営の側としては採算性が合わない。

 樟葉でも2分停車。その後、中書島から停車時間が短くなり、丹波橋で準急出町柳行きに接続。準急の乗客にとっては乗り換えたいところだろうが、先述したとおり、ライナー券は特急及びライナー停車駅の窓口、プレミアムカークラブでしか買えない。

 鳥羽街道を通過すると、左へ大きく曲がり、京都タワーライトアップがきらびやかに輝く。東福寺を通過すると、地下へ入り七条へ。ここからライナー券なしでも乗車できるので、すべての乗降用ドアが開く。

ライナー1930号
終点出町柳到着後、特急淀屋橋行きとして折り返す
 フリー乗降区間でも乗車率は上がらず、三条で準急出町柳行きに接続。ここから鴨東線に入り、20時07分、終点出町柳2番線に到着した。向かいの1番線は待ちわびていたかの如く、各駅停車中之島行きが発車。ほどなく淀屋橋19時11分発の特急が1番線に滑り込み、8000系エレガントサルーンが並んだ。

ライナーの課題

 ライナー2017年8月20日(日)のダイヤ改正で登場。平日のみ運転で、当初は下り樟葉・枚方市淀屋橋間に2本設定され、樟葉始発の列車は枚方市を通過していた。

 2018年9月15日(土)のダイヤ改正で、下り1本を出町柳始発の列車として増発。併せて樟葉始発列車を枚方市に停車した。また、上りも淀屋橋―出町柳間2本を新設した。

 プレスリリースを見る限り、私は「好評」と受け取っていたが、今回乗った上りライナー1930号出町柳行きはまさかのガラガラ淀屋橋21時50分発のライナー2130号出町柳行きの乗車率も気になるところだ。

 課題をあげてみよう。

① 所要時間が特急より長い

 淀屋橋―出町柳間の所要時間を調べてみると、淀屋橋19時00分発の特急出町柳行きは57分、19時11分発の特急出町柳行きは58分に対し、ライナー1930号出町柳行きは64分である。このため、出町柳到着は19時00分発の特急出町柳行きとは10分の差をつけられ、19時11分発の特急出町柳行きとは2分差に迫られている。

 これではライナー1930号出町柳行きに乗るメリットが少なく、後続の特急出町柳行きまで待つ乗客が多いと考えられる。

ライナー券が買いやすい環境を整える

 ライナー券の購入方法は先述した通り。京津線石山坂本線を除く全駅でライナー券やプレミアムカー券も買える券売機の導入が求められる。

③ 乗客は転換クロスシートロングシートの有料に納得できない?

 特急や土休の快速特急〈洛々〉は、プレミアムカーを除き乗車券のみで乗車できることから、転換クロスシートロングシートの有料乗車に難色を示す人がそれなりにいることが考えられる。プレミアムカーとの差額が100円もしくは120円だと、躊躇する人も多いのでは。

 転換クロスシートロングシート100円、もしくは200円均一に値下げすれば、妥協する人も増えると思う。

 また、快速特急〈洛々〉とライナー用として、全車プレミアムカーの新型車両導入という手もある。これなら納得してライナーを選択する人も増えるだろう。

 なお、2020年度には、2代目3000系コンフォートサルーンにもプレミアムカーが連結される予定だ。特急の大半がプレミアムカーつきになるので、次期ダイヤ改正でライナーの見直しなどが考えられよう。

<取材・文・撮影/岸田法眼>

【岸田法眼】

レイルウェイライター。「Yahoo! セカンドライフ」の選抜サポーターに抜擢され、2007年ライターデビュー。以降、ムック『鉄道のテクノロジー』(三栄書房)『鉄道ファン』(交友社)や、ウェブサイトWEBRONZA」(朝日新聞社)などに執筆。また、好角家の側面を持つ。著書に『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)がある

特急列車ではないため、ハトの特急マークが表示されない